Cyber NINJA、只今参上

デジタル社会の世相をNINJAの視点で紐解きます。

北米への旅

選挙の沙汰も金次第

11月の米国大統領選挙、トランプ先生は郵便投票の不正を看過できないとして「延期しよう」と言い出したが、身内のはずの共和党からも批判されて株を下げた(もともと株が高いとは思えないが)だけに終わった。中国のデジタル企業叩きなど過激な政策を打ち出…

羽田発米国行きの新路線

羽田空港の発着枠が拡大して、国際線がずいぶん増えてきた。青い日系航空会社の米国便が、6便増えたのが朗報。僕にとっては「初夢・お年玉」のようなものだ。 ・羽田⇔サンノゼ 週7便、成田から移ってきた。 ・羽田⇔サンフランシスコ 詳細未定、成田便はそ…

行きの軽食、帰りの軽食

このところ多すぎるのだが、欧米路線のフライトに乗るとメインの食事のあとに「朝食」と称して軽めの食事が運ばれてくる。だが僕自身は、その前に「自由な軽食」を食べてしまい、到着直前の食事は遠慮することが多い。到着後どのようなアクティビティが待っ…

ワシントンDCでの銃撃事件

僕がダレス空港を飛び立って9時間以上たったころ、首都DCでは珍しい銃撃事件が起きた。現地の午後10時くらい、ホワイトハウスから北に2kmほど行ったコロンビアハイツという高級住宅街の路上で、ニッサン車に乗った2人組がAK系と思われるアサルトライフル…

19度の日本酒

すべての日程が終わり、疲れ切ってホテルに戻った。パーティで少し多めにワインを飲み、さらにジントニックも飲んだのでしっかり眠れるはずだ・・・と思ったのだが、22時過ぎに起きてしまった。やはりロンドンから続く海外出張の疲れがピークに来てしまい、「疲…

ホワイトハウスに近いゆえ

全米商工会議所の建物は、ホワイトハウスの北側ラファイエット広場を見下ろす「Hストリート」沿いに建っている。この辺りはみんなそうだが、古めかしく厳めしい建物である。最初に訪れたのは5年ほど前、日米の産業界の偉い人たちが集まる伝統ある会議のお…

ホールフーズの新サービス

ホワイトハウスに近い「Sofitel」に滞在しているから、いつも行きつけの高級スーパマーケット「ホールフーズ」からは少し遠くなった。それでも今回はイミグレがうまくいき12時過ぎにチェックインできたので、午後行ってみることにした。地下鉄の駅では2駅の…

7日後の成田空港へ

先週の月曜日は、台風15号(東京湾台風と言う人もいる)が大暴れをした。僕の住んでいる伊豆半島の停電などの被害も相当なものだったが、房総半島の停電は非常に長期にわたった。帰着したのは羽田空港。京浜急行のダイヤが乱れて、家に帰りつくのに一苦労だ…

ハワイは近くなったのか

今月、海外出張の帰りに夕方成田空港に着いた。僕にとっては成田空港は遠いところ。できれば羽田でお願いしたいのだが、今回のトルコ航空は成田にしか着いてくれない。そもそも日本とイスタンブール間の直行便は、これしかないので致し方ない。タキシングし…

10日後の成田空港へ

旅行の予定をずいぶん前に組んでしまったから仕方ないのだが、カタール航空で成田空港へ降り立ってから10日目にもう一度成田空港で帰国することになった。ワシントンDCへの往路はそれなりに緊張しているのだが、帰路ともなると旅行の帰り道と気分的な大差は…

「御弁当」のありがたさ

全米商工会から議員会館まで巡り、再び日本人だけでラップアップをしようと集まってのが、日本の業界団体のDC現地事務所。以前一度来たことがあるが、何年か前に転居して広く綺麗になっていた。僕たち下院に行った組の方が早く到着、会議室で上院組の戻りを…

キャピトルの丘

「U.S. Chamber of Commerce」での予定を終えて、次の目的地は議員会館。上院・下院おのおの一人づつの議員と30分ほどの会合がセットされている。DC中心部のポトマック川よりに「モール」と呼ばれる緑地帯があり、その東の端に国会議事堂がある。このあたり…

在米日本大使館

ワシントンDCには各国の大使館が集まっている。例えば、かつての定宿「Lombardy」の側には、メキシコ大使館がある。日常的に大使館を目にするのだが、特にそれらが集まっている通り(通称:大使館通り)がある。この通り、正式には「マサチューセッツ・アベ…

夏空のワシントンDCへ

日本は梅雨空、時々梅雨寒になっているのだが、今日行く先には梅雨がない。欧州は異常気象で40度越えの気温がしょっちゅう報告されるほどだが、米国東海岸も35度越えだという。遊びに行ったローマから帰り、日を置かずして今年3度目のワシントンDC出張は、…

朝鮮戦争 Veterans Memorial

ワシントンDCのダレス国際空港に、青い日系航空会社のNH002便は1000くらいに着陸する。午前中なのでイミグレーションは混んでいない。ただ以前あったESTAの自動機が(トランプ経費カットのせいか)なくなってしまい、入国審査の効率は悪くなった。それでも、…

保安検査場での格差

9・11以来、米国中心に航空機へ持ち込む手荷物等所持品検査は厳しくなった。以前から銃器やナイフなど金属類のチェックはあったのだが、ガソリン等の可燃物を警戒してペットボトル・ジェル・クリームのチェックもしなくてはならなくなった。ノートPCに偽装し…

タパスのお店「ESTADIO」

ワシントンDCの公式会合は全て終わり、明日のフライトで帰国である。いつものNH002便・ホテル「Sofitel」・NH001便という組み合わせ、もう昨年から4度目である。夕方現地事務所によって、簡単な打ち合わせをした。その後、予約しておいてもらったレストラン…

Tysons Corner

ワシントンDC中心部からダレス空港方面へ延びる地下鉄のシルバーラインの途中に"Tysons" という一角がある。地下鉄の駅が3つ、ショッピングセンター、自動車のディラー、家電量販店、ホテル、コンドミニアムなどが開業し、さらにいくつも建設中である。 …

NH002便とNH001便の違い

3月に続いて、またワシントンD.C.への出張が入った。例によって慌ただしい、2泊4日の行程である。ユナイテッドの直行便は、後ろ向き座席であったり食事内容がよろしくないので、どうしても青い日系航空会社の往路NH002便、復路NH001便を使いたくなる。手…

Columbus Circle

「コロンブスのアメリカ発見」とはいうが、実際に彼は北米大陸に上陸したわけではない。それでもコロンブスが船の舳先に乗っている像がポルトガル(コロンブス自身はジェノバ=イタリア生まれ)にあって、大西洋ごしにアメリカを見つめている。そしてここワ…

SofitelのBARにて

ワシントンDCでの会合が終わり、夕方ホテルに戻ってきた。明朝9時に友人と待ち合わせ、Uberで空港に向かうことにする。フライトの出発時間は12時ちょうどだから2時間前にチェックインカウンターに行ければいい。朝の時間帯はそれほど渋滞しないからと、決…

McCormick & Schmick's

最近ワシントンDCでの定宿は、フランス系の「Sofitel」になっている。ホワイトハウスの北東至近、マクファーソン広場駅近くのホテルだ。部屋に入って一休み、シャワー浴びて出かけたのが、3ブロックほど離れた「McCormick & Schmick's」というステーキ&シ…

La Grenouillereのフランス料理

かなり何度も海外へ出かけるようになって、以前よりは機内の楽しみ方もわかってきた。なにより経験というものは重要だ。最初はビジネスクラスのメニューなど、目で見てはいても頭で認識できたかどうか怪しい。遅れないように着くだろうかとか、ホテルの場所…

成田からダレスへの長い道

海外出張の多い僕、今月はパリから戻って10日経って今度はワシントンDCへの出張が入った。昨年も4回行った馴染みのある旅先だ。とはいえ、地球のほぼ裏側にあたる(時差13時間)米国東海岸は、楽な行き先とは言えない。正味13~14時間のフライトだし、直行…