Cyber NINJA、只今参上

デジタル社会の世相をNINJAの視点で紐解きます。

国際情勢

エイブラムス対T-72

先月、ドイツのショルツ政権が重い腰を上げ、ついに<レオパルト2>のウクライナへの供与を発表した。再三表明していたように「英米が先に決めてくれれば、三番手として供与するのはやぶさかではない」というわけ。英国はいち早く<チャレンジャー2>の供…

ウクライナが求める西側MBT

「ドイツが<レオパルト2>の供与を決めるかどうか?」国際ニュースは連日この話題を報じている。欧州(西側)諸国の標準的主力戦車(MBT)のことなのだが、すでに「戦車の世紀」は終わったと思っていた僕としては、やや意外な状況。軍事の関係者か、はたま…

やはり兵器の実験場に

厳寒のウクライナ戦線、東部ではロシアの民間軍事会社<ワグネル:ワーグナーのロシア語読み>が攻勢に出て、要衝バフムートの北部で激戦が起きている。米英も傭兵として民間軍事会社を採用しているが、主な任務は警備や物資輸送。最前線で闘う民間企業とい…

C4ISRの日米連携

先週ワシントンDCで開催された外務・防衛閣僚会合「日米安全保障協議委員会(2+2)」で、日本の反撃能力の効果的な運用のための日米協力が話し合われたという。どこにどう「反撃」するか、例えば北朝鮮の移動式ICBM発射台をどう叩くかについては、衛星情…

習大人のスパイ対策強化

「フルコロナ」状態になって、本来苦境のはずの習大人。聞くところによると「COVID-19」に対しての勝利宣言をしたらしい。ここまで来ると、プーチン先生並みの「厚顔」といえるだろう。 そんな中国で、一層情報統制強化の動きがある。昨年秋から噂はあったの…

在東京の統合司令本部2027

映画「トラ・トラ・トラ」の中に、近衛内閣の首脳会合で海軍大臣が「米国が太平洋艦隊司令部を西海岸からハワイに移した」と警告するシーンがある。日米関係が緊張する中、米政府が本気になって、 「日本ののど元に匕首を突き付けたようなもの」 というわけ…

「ダボス会議」は温暖化を防げない

今週「World Economic Forum」の総会がジュネーブで開催される。今年の主要議題は3つあって、 1)「COVID-19」禍による長く深い経済の不振から抜け出す道筋 2)複雑な国際情勢の中で、化石燃料から再生可能エネルギーへの転換をどうするか 3)世界が脱グ…

日米関係が試される今年

今週、岸田総理が初の訪米、バイデン大統領とサシで会う。この会談は、いずれも国内政局を抱えた両首脳にとって、重要な意味を持つと思う。 ◇米国 中間選挙の結果、下院の過半数を野党共和党が獲ったのだが、いざ議長選出にあたり共和党内分裂が起きて大混乱…

もう一つの隣国危機

台湾海峡の小競り合いは、年末年始も続いている。さすがに今年の台湾海峡海戦はないと信じているが、年末に米国偵察機に中国軍戦闘機が異常接近したこともあって、偶発的な何かが起きないとは言えない。 そのほかにもう一つの隣国危機がある。派手に立ち回っ…

再び水際対策が必要に

昨日「中国はフルコロナ」と言ったが、その具体的な惨状が次々に伝わってきている。中国政府の公式発表では死者は数名なのに、 ・北京では火葬場の前に長い「待ち行列」、中には棺に納めてもらえない遺体も ・四川省では約16万人を調査したところ、63%にあ…

今年の「有事」はないと信じるが

年末恒例、大掃除をしながらカウンター上の額の中身を入れ替えた。この位置は、ビデオ会議をする時に僕の顔の左上に見えるところ。ここにその年の干支の絵を飾るのが当家の風習。これらの色紙は、狩野派の流れを汲むセミプロの日本画家である親父の作品だ。…

NATOのサイバー研究機関

先週、米国の巨大IT企業セキュリティ責任者から聞いた話を紹介した。ロシアのウクライナ侵攻に対して、ロシアの攻撃に対する防御「戦闘」を民間企業ではあるが実施したという。今回は同じテーマを、NATOのデジタル研究機関の人から聞くことができた。今年のN…

たった一人の「愛国者」

先週、ウクライナのゼレンスキー大統領が米国を電撃訪問、バイデン大統領と会談し議会でも演説を果たした。戦時下の首脳が米国議会で演説したのは、第二次世界大戦時の英国チャーチル首相以来のことという。 ゼレンスキー氏はこれまでの米国など西側の支援に…

「ゼロコロナ」ではなくなったのに

先月末、中国都市部から火が付いた「白紙革命」。直接的には「ゼロコロナ政策」で自由を奪われた人たちの叫びなのだが、経済の停滞・不動産高騰・若者失業率増などの複合要因でおきたデモである。多くの国際政治学者は「習政権はメンツもあってゼロコロナの…

これって本物のネオナチ?

欧州が揺れている。洗練された文化と伝統、それに「Global & Digital」による経済発展をしていたはずだった。しかし、Brexit、移民問題、ウクライナ紛争と21世紀にふさわしくないことが次々に起った。そして今度はドイツで、極右組織によるクーデター計画で…

脱炭素から南北経済問題へ

スウェーデンの若者たちが、アイコンであるグレタ・トゥーンベリさん(もうグレタちゃんとは呼べないな)を中心に、政府の環境問題対応が良くないと訴訟を起こした。表面に出たのは1国だけだが、世界中に同様の不満は溜まっている。美術品を汚損する形でし…

デジタル天安門への道

異例の三期目に入り、もはや現代の皇帝として揺るがぬ体制を築いたと思われた習大人。抗議の声は上がるものの、ミャンマーやイランで起きているような大規模抗議集会に発展するはずはないと、僕は思っていた。ところが、先週末に、ウイグル・上海・北京など…

14億回/年に及ぶ攻撃下の選挙

僕の所属している団体では、以前から台湾工業技術研究院(ITRI)との交流があり、台湾とのサイバーセキュリティ関連情報交換や日台産業間の連携の議論をしている。ITRIは中華民国政府の経済部に所属する、台湾最大の産業技術研究開発機構だ。ルーツは1936年…

ゼレンスキー氏が悪者になる日

せっかく侵攻し、占領し、住民投票モドキまでして併合したヘルソン州の州都ヘルソンから、ロシア軍は撤退した。大河であるドニエプル川にかかる橋が破壊され、西岸にあるヘルソンに残されたロシア軍は、補給もままならない。軍の撤退判断はやむを得なかった…

三権分立ってやっぱり重要

初等中等教育で「立法・司法・行政の三権分立は重要ですよ」と教えられた。ただ日本は議員内閣制なので、議会で多数を取った政党が内閣(行政の長)を形成する。内閣総理大臣は、国会議員でなくてはならない。国会での議論を見ていても、立法府なのに、 ・「…

日本のミレニアム&Z世代にも期待

米国の中間選挙は、ある意味予想外の経過になった。事前予想は「共和党が下院で圧勝、上院でも多数を得る勢い」だった。選挙中盤、民主党が中絶問題で巻き返しているとはいえ、あまりにも過酷なインフレに対してバイデン政権が批判にさらされていたからだ。…

難しい時期のCOP27

昨年のCOP26の時は、まだよかった。「COVID-19」禍で先進各国は国内経済を何とかしようと財政出動をしていたものの、国際的な人流は減って「飛び恥」と言う言葉も定着しつつあった。だから、石炭火力の全廃に向けた議論もできた。結局は膨大な人口を抱える中…

北朝鮮の先制攻撃を受けたら

連日のICBM発射を含む「示威行動」である。米韓合同演習に怒ったのか、それとも恐れたのか、北朝鮮がミサイルや砲弾を「大量消費」している。米国の中間選挙前に核実験をするのでは、との憶測も流れている。ウクライナ情勢や台湾海峡での緊張の高まりがあっ…

それぞれの停戦提案とその後

昨日「世界経済に黄信号」という主張をしたが、その要因の大きなものがウクライナ紛争(ロシアの侵略?)であることは間違いがない。世界中の多くの人、企業、国が、正直なところ早期停戦を望んでいると思う。2つの当事国に対してトルコやインドの首脳が仲…

世界経済が傾きかけている

米中対立だ、ウクライナ紛争だ、ゼロコロナだ、エネルギー危機だ、インフレだ、物流停滞だ、食糧危機だと言っているうちに、世界経済に黄信号が点滅し始めた。個人のことで恐縮だが、3ヵ月に一度送って来る証券会社の運用状況を見ると、3%近くこの3ヵ月…

配備だけでも陽動になるのなら

追い詰められたプーチン政権(&ロシア)にとって、味方は多くない。あの北朝鮮さえ、ロシアを見限るのではないかという説も出てきた。そんな中で「変わらぬ盟友」であると公言しているのが、ベラルーシのルカチェンコ大統領。もしロシアで政変でも起きたら…

"Cyber Power Index"のスタンス

一昨日、日本のサイバーセキュリティ能力について「卑下せず、誇張せず」の姿勢で経団連が情報発信をしていることを紹介した。ところが、昨日紹介したイベントの打ち合わせでは「ハーバード大のシンクタンクが、日本のサイバーセキュリティ能力を低く評価し…

中国のインテリジェンス戦略

サイバーセキュリティ業界も、金銭狙いのデジタル詐欺や、ちょっと規模の大きなランサムウェア攻撃への対応だけではなく、国家間の安全保障からみの議論が徐々に増えてきた。僕はシミュレーションゲームなどで戦史を学んだ程度だから、一般の人よりは詳しい…

逃避行、それぞれの事情

プーチン先生が追い詰められているようで、兵力不足を補うため「徴兵」を開始した。一部の軍事行動経験者に限るとのことだったが、反対デモ参加者をそのまま連れ去ったり、学生に召集令状を送るなど「言行不一致」が目立つ。 危機感を持ったロシア市民は、国…

ランサムウェアへの対処

日本では、ロシア発のDDoS攻撃で政府機関のサイトが使えなくなるなどの話題があるくらいなのだが、ウクライナ紛争や台湾海峡の緊張などでは、サイバー攻撃が日常化している。ただのいやがらせから、本格的な諜報、軍事行動までバラエティ豊かな内容である。…