Cyber NINJA、只今参上

デジタル社会の世相をNINJAの視点で紐解きます。

ステルス戦略爆撃機対決

 台湾有事があるとしたら、中国習政権が「ここまでなら米軍は介入してこないし、うるさい自衛隊と台湾軍だけなら蹴散らせる」限界を見極めた時だと思う。台湾軍や自衛隊の戦力(*1)向上は、そのハードルを上げるだろう。

 

 なぜ米軍介入が無ければとの条件を付けるかというと、現時点と恐らく2030年までくらいは、中国は米軍と戦って勝つのは難しいからだ。もちろん、世界最強米軍の相対的な戦力は下がって来ていて、それゆえ同盟国(特に日本)の戦力強化や連携緊密化に熱心なのだが、それでも隔絶した技術力・戦闘力の差はある。

 

 その象徴が、現時点では米軍しか持っていないステルス戦略爆撃機という機種。初飛行は1989年と古いのだが、現時点でも米軍は20機しか保有していない「B-2スピリット」だ。先月、毎年恒例のお披露目があって、ミズーリ州ホイットマン航空基地で12機が滑走路上に並んだ(*2)という。

 

    

 

 1機あたり20億ドルという高価な機体だが、米軍では後継機も開発していて「B-21レイダー」という。こちらは少し安くなって7.5億ドルほどらしい(*3)。しかし、実際に配備される頃には値上がりしているだろう。

 

 では中国はどう対抗しようとしているのだろうか?極めて似た形状の、H20というステルス機を開発中という。いずれも、旧ナチスドイツが開発していたHo229に似た無尾翼機。ただ、この機体(期待?)に対して、米軍国防省がダメだしをしている。

 

米新型ステルス爆撃機「B21レイダー」が初試験飛行 1機1100億円超 | Forbes JAPAN 公式サイト(フォーブス ジャパン)

 

 この発言には2通りの解釈があって、

 

・中国軍何するものぞとの、国内(&ワシントンDC)へのアピール

・中国軍事、技術部門への挑発

 

 なのだが、通常米軍は「中国軍の脅威を騒ぎ立てることで予算を確保」するのにどうして仮想敵国をけなすのだろうか?ま、このあたりは、10年単位で後日譚を聞いてみないと分かりませんよね。

 

*1:交戦規則や継戦能力を含む可用性があること

*2:「世界一高価な飛行機」ズラリ 異例の“お金かけすぎ演習”米空軍が実施 いったいどんな意義が | 乗りものニュース (trafficnews.jp)

*3:米新型ステルス爆撃機「B21レイダー」が初試験飛行 1機1100億円超 | Forbes JAPAN 公式サイト(フォーブス ジャパン)

最後の空母機動部隊が征く(後編)

 「いずも」「かが」を含む日本(海軍)の空母機動部隊が、インド太平洋に長期の訓練&外交紅海をすることを紹介した。これが「最後の空母機動部隊」だとした理由は、ようやく海の戦争でも主力艦の代替わりが起きそうだから。

 

高価な兵器は駆逐される - Cyber NINJA、只今参上 (hatenablog.com)

 

 で紹介したように、米軍自慢の巨大原子力空母も、中国が配備・運用に努力する「遼寧」以下の空母も、単なる大きな標的艦になりつつあるのだ。ウクライナや中東の戦場で分かるように、時代は「ドローンの世紀」である。

 

 大型で高価な戦闘攻撃機を多数搭載、運用できるのが空母機動部隊の威力だが、ずっと安価に近い性能を自爆ドローンが発揮できる。攻撃用の主力艦は、

 

・ドローンを多数搭載、運用できる揚陸強襲艦

・それよりは少ない搭載量だが隠密行動可能な潜水空母

 

 になる可能性が高い。

 

    

 

 これは飛行型のドローンについての観測だが、水中や水上ドローンも当然参戦してくる。かつての特攻兵器「震洋」や「回天」が、無人で運用できるのだ。

 

 では、現在の主力艦である空母がどうなるのか?まず小型化が図られて、複数の艦艇が連携して作戦行動をすることになるだろう。上記のように、あるものは強襲揚陸艦、あるものは潜水空母。例外として、大型であることを特徴としたものも、少しは生き残るだろう。つまり動く航空基地ではなく、動くことも時には可能な航空基地として。

 

 すべての兵器が無人化(AI化?)するわけではない。航空戦力として早期警戒機や救難機、空中ドローン空母のような大型輸送機などを運用できる、再配置が容易なプラットフォームは有用だ。例えば、普天間基地の1/4ほどの規模・能力を持つ艦艇プラットフォームのようなものだ。

 

 この種の艦艇は通常は動かず、緊張が高まるエリアに再配置するときだけ動くのです。現在も米国の空母機動部隊はこれに似た役割を果たしていますが、その部分はドローン搭載艦では代替えできません。このような大型空母は、海の覇権国家だけが多額の費用をかけて維持・運用すべきもの。日本が持つ必要はありませんよ。

 

最後の空母機動部隊が征く(前編)

 航空母艦という艦種が出てきて、おおむね1世紀経っている。最初は偵察が主任務で、飛行船の方が有用だと考えられていた時期もある。しかし徐々に艦載航空機が大型化、高速化、重武装化してゆくことで、主力艦だった戦艦・巡洋戦艦を撃破できるようになった。彼女らから主役の位置を奪った航空母艦は、主力艦として80年ほど世界の海に君臨している。

 

 WWⅡの後、専守防衛の枠内に戦力をとどめてきた日本(軍)だが、集団的自衛権を認め、敵基地攻撃能力を持つこともできるようになり、ようやく普通の軍隊になりつつある。そうなると急に、世界でも屈指の海軍を持つ国に復帰した。

 

 僕は緊張が高まり世界の海運に打撃を与えている紅海~アデン湾~アラビア海方面に、海上自衛隊が相応の規模の艦隊を派遣すべき(*1)だと思っている。ソマリア沖で海賊の取り締まりをしている「さざなみ」1隻では、危険すぎるのだ。

 

    

 

 ところが、今回空母に改装された「いずも」「かが」を中心とする艦隊が、太平洋方面に長期の訓練(&外交)紅海に出発するという。

 

海自の巨艦が “旅”に出る!「いずも」「かが」インド太平洋に長期展開へ 最新イージス艦も | 乗りものニュース (trafficnews.jp)

 

 「いずも級」は満載排水量2.6万トンで、WWⅡ時代の中型空母「蒼龍級」に匹敵する。まだF-35Bなどを搭載して、実戦を戦うのは難しいのかもしれない。完熟訓練航海なのだろう。このニュースが憲法記念日に出たのは、ある種の皮肉かあるいはメッセージか?そのあたりは不明だが、僕はこの艦隊が「最後の空母機動部隊」だと思う。その意味は、

 

・日本に共産党を含む連立政権ができて、自衛隊が解散させられる

・台湾をめぐる海戦で、中国海軍に撃破される

 

 ということではない。空母機動部隊そのものが、時代遅れになっているからだ。

 

<続く>

 

*1:海上自衛隊のアデン湾遠征を求む - Cyber NINJA、只今参上 (hatenablog.com)

一足お先の政権交代へ

 どうにも岸田政権のやっていることには「チグハグ感」がぬぐい切れない。そもそも首相としてやりたいことが「人事」では、致し方ない(*1)ようにも思う。自民党総裁の次かもしれない茂木先生(幹事長)が、省庁再編や副業できる社会を目指すとしたが、少なくとも社会を変えたいという意志をお持ちなのはいいことだ。

 

 先週になって「6月からの減税を給与明細に明記せよ」と企業に義務付けた(*2)のはびっくりした。複雑化した税制下で企業(特に従来型の小規模企業)が、どれほど事務処理で苦労しているか、全く理解していない証拠である。まあ、小規模企業を淘汰して中規模以上に再編しようというデービッド・アトキンソン氏の主張を汲んだというなら、僕も支持しなくはないが・・・。

 

    

 

 「増税の時は明細に書かなかったろう」との野党の批判も最もだし、減税効果そのものも、電力料金への補助金がなくなるので、消費者としてはあまり期待できない。やっぱり政権交代へ、坂道を滑り降りているのかもしれない。

 

 さて、ユーラシア大陸の反対側の島国英国では、いよいよ政権交代が目前まで来た。今年中には総選挙があるのは確実だったが、スナク首相は7月4日総選挙を決めたという。

 

英総選挙、7月4日に実施 スナク首相が表明 | ロイター (reuters.com)

 

 不法移民をルワンダに引き受けさせる強硬策を採るなどしたスナク政権だが、正直政権維持は難しい。米国に独立されてしまった記念日の投票というのは、結構皮肉だ。それでも英国には野党の政策研究を支援する制度があるので、有権者はそれなりに安心して政権交代を選択できます。日本では・・・やっぱり不安ですね。特に「立憲共産党」では。

 

*1:現実主義的政権運営の評価は - 新城彰の本棚 (hateblo.jp)

*2:来月の減税額、給与明細に明記 政府が義務付け、野党は批判:時事ドットコム (jiji.com)

記念艦「三笠」の艦上で

 4年半前、横須賀リサーチパーク(YRP)で開催されたサイバーセキュリティの国際イベント「CYDEF2019」。接近してきた台風によって、当日行われる予定だった戦艦「三笠」艦上のパーティは中止となってしまった(*1)。

 

 次の年の「CYDEF2020」以降、「COVID-19」禍でリアル会合が行われなくなり、YRPでの開催も、横須賀港に浮かぶ「三笠」の訪問もお預けとなっていた。ところが、横須賀氏出身の友人(総務省OB)が、YRPに勤めるようになり僕を誘ってくれた。一も二もなくOKし、指定された日にJR横須賀駅で待ち合わせた。

 

    

 

 1905年5月27日、はるばるバルト海から遠征してきたロシアのバルチック艦隊を、連合艦隊対馬沖で迎撃し完勝したのが日本海海戦。その時の旗艦がこの「三笠」である。当時東郷司令長官や秋山参謀が立っていた艦橋から、前甲板主砲(30.5センチ連装砲)を見たのがこの写真。

 

    

 

 主砲4門のほか、15.2センチ副砲14門と、水雷艇撃退用の7.6センチ単装砲16門などの兵装を備えていた。この写真は、個別に照準器を備えた舷側の7.6センチ砲。今でも砲身を動かすことができる。友人によれば、子供のころによく砲を動かし照準器をのぞき込んで遊んだという。

 

 殊勲艦となった「三笠」だが、日露戦争終結時に事故で爆沈。引き揚げられてからも実戦に参加することはなかった。時代は最高時速18ノットで、主砲わずか4門の前弩級戦艦(*2)を、完全に無用の長物にしてしまったのだ。

 

    

 

 数奇な運命を経て記念艦となった「三笠」艦内には、日露戦争当時の展示や日本海海戦VRも備えられている。

 

 4年半後にかなえられた「三笠」への乗船、とても嬉しかったです。誘ってくれた友人に感謝します!

 

*1:横須賀リサーチ・パーク - Cyber NINJA、只今参上 (hatenablog.com)

*2:英国のドレッドノート1906年進水)は、30.5センチ砲10門を搭載し、最高速度は21ノット出る