Cyber NINJA、只今参上

デジタル社会の世相をNINJAの視点で紐解きます。

用水沿いの町屋をリノベして

 初めての金沢旅行、往路は所要4.5時間。いつも京都などへ行くときの<ひかり号>で名古屋まで、ここで後続列車に乗り換え米原着。米原からは懐かしい在来線特急<しらざぎ号>。敦賀駅で開通したばかりの北陸新幹線<つるぎ号>に初乗車、金沢に向かう。

 

 雨の多い北陸地方、やはり小雨が降る中、タクシーに乗って10分あまりでコンドミニアムについた。有名な繁華街である<香林坊>の金沢駅より、用水沿いの町屋をリノベーションした1部屋35㎡ほどの<KIKI Hotel>というコンドミニアムだ。

 

<KIKI Hotel>の外観

 金沢市内には無数の用水路がある。多くは地下に埋設されているのだが、ここでは地表に出ている。この通りの多くの家や店は、固有の橋を渡って道路と往来するのだ。メインストリートである<百万石通り*1>から1本奥に入った路地(*2)なので、閑静なところである。

 

 大通り沿いにある大和百貨店や東急スクエアまでは徒歩5分。有名な近江町市場も徒歩圏だ。小雨の中を見て回って、すごく便利なところだと思った。大和百貨店の「デパ地下」では、チーズやワインも立派なものを売っていて、ウチ呑みも期待できそう。一方、大通りを外れて路地の方を歩くと、魅力的な飲食店が軒を連ねていた。

 

香林坊の飲食店街

 能登牛や岩ガキ、ノドグロ、加賀野菜などこの地方ならではの食材が豊富なのが、金沢の飲食店街の特徴。イタリアンも韓国焼肉も中華料理もあるが、やはり多いのは和食店/居酒屋。まだ明るいPM5時過ぎから、数人のグループは店の中に吸い込まれていく。

 

 小さなコンドミニアムだが、コンパクトなキッチンは使い勝手がよさそう。琉球畳が4.5畳敷かれているリビングも居心地がいい。とはいえ、北陸地方最大の繁華街<香林坊>で暮らしていて、ウチ呑みですか~?と問われているように思う。

 

 さて4泊しかありませんが、ウチ呑み・ソト呑み?どうしましょうかね?

 

*1:旧北国街道

*2:通称「せせらぎ通り」

熱海発・熱海行きの一筆書き切符

 北陸新幹線敦賀まで延伸して、さて京都・大阪とどうつなごうかの議論になっている。東海道新幹線で一番近い駅は米原、寂しい駅だが従来名古屋発金沢行きの特急はここを通っていた(*1)。オリジナルプランは小浜経由京都へ入るもの。距離が長くなるだけではなく、深くトンネルを掘り進めることになる大工事だ。加えて京都の売り物の一つ豊富な地下水を貯めている岩盤に、穴をあけてしまうのではとの危惧もある。

 

 だから僕は米原ルートを勧める(*2)のだが、まずは自分の目で見てみようという気になった。今月の旅行は、北陸応援キャンペーンで金沢への4泊5日。旧武家屋敷に近いところに、コンドミニアムを見つけて予約をした。さて、往復のルートはと考えたのだが、羽田~小松のフライトの時刻があまり思わしくない。

 

        

 

 ならば、と往復新幹線にした。そして、買ってきたのがこの切符。乗車券は熱海発熱海行き。経由は米原敦賀・金沢・東京。経由地欄がプリントしきれず、終着熱海は手書きとなった。最長一筆書き切符(*3)にはとても及ばないが、新幹線周遊旅行である。

 

 在来線特急しらさぎ号と、敦賀~金沢の新幹線つるぎ号は全車指定席、帰りの新幹線はくたか号は自由席車両が少ないので、指定席にした。「指定席≒不自由席」と思っている僕にとってはやむを得ざる措置である。まあ、飛行機なら自由席じゃないしね・・・と自分を慰めることにした。

 

 さて、明朝はいよいよ出発です。楽しみにしていますよ~。

 

*1:高山線経由の特急が金沢まで運行していたことはある

*2:北陸新幹線の延伸問題 - Cyber NINJA、只今参上 (hatenablog.com)

*3:広尾発枕崎行き、13,000余キロ - 新城彰の本棚 (hateblo.jp)

容疑者射殺、しかし収まらない疑問

 昨日に続いてトランプ候補銃撃事件の続報、一日経つといろいろなことが分かってきた。狙撃銃はやはりAR-15(M-16をアーマライト社が製造販売したもの)だった。AK-47など7.65mm程度の口径の弾丸なら、耳は吹き飛んでいたはずで小口径(5.56mm)だと分かっていた。

 

 あと未確認だが、容疑者は3発(昨日紹介したように3点バースト)撃った後、さらに5発撃ったという。するとフルオート射撃をしたのか?半自動ライフル(*1)との報道もあったので理解できない。さらに聴衆の中にいた消防士が家族を守ろうと身を挺して銃撃を受け、死亡したとの報道(*2)もある。最初の3発に当たったのなら、家族をかばう時間的余裕はない。次の5発ならそうなった可能性はあるが、本当にその5発があったのか?

 

        

 

 さらに現場の位置関係の報道では、シークレットサービスの対狙撃手チームがもっと射程の長そうなライフルを三脚に据えて見張っていた。どうして彼らが、20歳の素人を150m以内に近寄せた(*3)のか?また、容疑者の車や爆発物があったとの報道(*4)もある。自爆テロをするならともかく、狙撃手が爆発物を何に使うつもりだったのか?

 

 現時点の推測だが、こんな仮説もあり得よう。バイデン大統領が関与したとは言わないが、

 

シークレットサービスを巻き込む陰謀があった

・容疑者は、狙撃場所を用意した黒幕に操られ引き金を引いた

シークレットサービスは3点バーストの後、即座に容疑者を射殺した

・容疑者が万一逃げてしまった時のために、車と自宅に爆弾を仕掛けてあった

・後の5発があったことを印象付けるため、消防士の「美談」をメディアが報じた

 

 これは、あくまで仮説です。今後の報道を待つことにしますよ。

 

*1:民間用AR-15はフルオートを撃てず、3点バーストまでとしたものが多いはず

*2:トランプ氏銃撃:暗殺未遂事件、射殺容疑者の車や自宅から爆発物…銃は父親が合法的に購入の半自動小銃「AR15」 : 読売新聞 (yomiuri.co.jp)

*3:米大統領警護隊に強まる批判 トランプ氏銃撃阻止失敗:時事ドットコム (jiji.com)

*4:トランプ氏銃撃の会場で死亡した観客、身を投げ出して家族守った「英雄」 - CNN.co.jp

なんと強運の星のもとに・・・

 先週、トランプ候補が抱えている多くの訴訟に絡み、かつて大統領時代に行ったことに対して一部免責を認める最高裁判断が出されたことを紹介した。僕らからは「三権分立」を侵害する、司法の暴走のように思えた。一部の(米国の)人たちは「ならばバイデン大統領は、トランプ候補暗殺を命じても免責だよね」と言っていた(*1)。

 

 バイデン大統領がそんなことを命じるはずもないが、実際にトランプ候補が銃撃される事件が起きて、世界は息をのんだ。

 

トランプ前米大統領、演説中に撃たれ耳負傷 暗殺未遂事件と捜査当局 - BBCニュース

 

        

 

・トランプ候補は右耳を撃たれ負傷、軽傷で護送されるときこぶしを突き上げて見せた

・狙撃手は1人、演説会場の外の建物の屋上から120~150m離れた目標を撃った

・トランプ候補以外に、聴衆から1名の犠牲者、1~2名の負傷者が出た

・事前にライフルを持った男の目撃情報はあったが、対策は後手に回った

シークレットサービスは、狙撃後の容疑者を銃撃し殺害した

・容疑者は地元の20歳の共和党員、凶器は半自動ライフル、銃声は10発ほど聞こえた

 

 という断片的な報道から、有りそうな仮説を立ててみる。

 

・トランプ候補の耳が無事に付いているから弾丸は5.56mm、M-16でも150m以内なら十分狙える

・フルオートでなく3点バーストで3発撃ち、死者1名、負傷者2~3名を出した

・他の銃声は、シークレットサービスの対狙撃手制圧射撃によるもの

 

 ということだったのではないか?世界中の政治家は「政治への暴力は許さない」と口をそろえ、トランプ候補は男を売り、バイデン大統領の選挙戦劣勢は明らかになった。それにしてもトランプ候補は、かくも強運の星のもとに産まれたものだ。弾道があと2cm左にずれていたら死んでいた(*2)。

 

 このままいけばトランプ2.0は現実のものになります。下記の記事で紹介したような5万人もの政府高官更迭を止めるなど、欧州の極右政党のように「脱悪魔化」となってくれることを祈るばかりです。

 

*1:米中それぞれの「プロジェクト2025」 - Cyber NINJA、只今参上 (hatenablog.com)

*2:あるいは、神が「もう少し嘘や妄言を慎めば、今回のように助けてあげる」と言ってくれたのかもしれない

店舗限定「黒毛和牛メンチカツカレー」

 「箱根そば」チェーンについては、何度も紹介している。一時期小田急沿線に住んでいたことがあり、最寄り駅愛甲石田の駅そばとして利用していた。熱海に暮らすようになった今でも、小田原、茅ケ崎の店に時々足を運ぶ(*1)。そうそう、秋葉原駅前にもあったね。大根おろしがのった、冷たいお蕎麦が印象に残っている。

 

箱根に最も近い箱根そばに行ったら店舗限定こだわりカレーがあった! 立ち食いそば放浪記:第323回「黒毛和牛メンチカレー」 | ロケットニュース24 (rocketnews24.com)

 

 ある日こんな記事を見つけて「なるほど箱根に一番近いのは小田原駅の店なんだ」と納得した。小田急線はこの先も箱根湯本駅まで続いているのだが、そこにはこのチェーン店はないということ。

 

        

 

 この記事を見て急に「箱根に近い箱根そば」に行ってみたくなり、ある日途中下車した。券売機の前に車いすの人を含む外国人観光客が3人、店の人のガイドに従って食券を選んでいる。店の人も堂々たる英語で、観光客が多い店ならではの対応である。

 

 もう1台の券売機に向かい、記事のおすすめのように「黒毛和牛メンチカツカレー」の食券を買った。ここは食券を買った段階で調理が始まり、番号を呼ばれたら食券と引き換えに食事を貰う仕組み。メンチカツは揚げ置きのようで、2分ほどで出来上がり。

 

    

 

 アルマイトという懐かしい言葉がぴったりの器に、福神漬けとともに盛られてきた。カレーソースの粘り気は中程度、辛さは「CoCo壱基準」でゼロカラ。スプーンでメンチカツを削って食べてみたが「黒毛和牛」の感覚はない。脂質の多い黒毛和牛にも、脂気の少ない部位はある。首をかしげながら、カレーソース自体はまずまずなので食べ進めた。

 

 記事ほどの感動は感じませんでしたが、「箱根に一番近い」というキャッチフレーズは覚えておきましょう。また来ますよ。

 

*1:ここ2ヵ月ほどのお蕎麦 - Cyber NINJA、只今参上 (hatenablog.com)