Cyber NINJA、只今参上

デジタル社会の世相をNINJAの視点で紐解きます。

セキュリティ部門のナマの声

 ある機関がサイバーセキュリティの研究会を、毎年度下期に開催している。毎月のように2人のスピーカーに来てもらい、50分づつ話してもらう。その後1時間参加者を数グル-プにわけた討議になり、Q&Aや意見を言ってもらう。その全体のコーディネートを、今年も承ることになった。僕自身の出番は多くない。最初に一言、その日の主旨を述べてスピーカーを紹介する。討議の後のQ&Aの司会をして、時間が余ればラップアップをするくらい。

 

 そのくらいなのに、僕が得られるものは大きい。スピーカーのお話にも興味はあるのだが、30人からの企業の現役管理者(IT部門やセキュリティ部門の部課長クラス)のナマの声を聞くことができるからだ。

 

 今日がその初回、ゲストスピーカーは総務省の人と、デジタル系の業界団体の人だった。総務省からのオンラインスピーチが、インターネット回線の不調で1/3ほどが聞き取れなかったのは、ある意味皮肉である。「安心・安全なインターネットを護る」と言っておられたのだが・・・。

 

    f:id:nicky-akira:20211031081606j:plain

 

 業界団体の人は、海外企業のデジタル化やセキュリティ対策を紹介し、日本の現状は危機的だと訴えた。曰く、

 

・米国企業の経営者が「ITに興味がない」と言えば、翌日クビになる。

 ⇒ 日本の経営者も見習うべきだということ。

 

サイバー攻撃は、ITトラブルと扱わず、犯罪と考えるべきだ。

 ⇒ トラブル処理をして忘れるのではなく、ちゃんと証拠を残すこと。

 

・日本企業の対応は(努力はしているが)自営消防団のようなもの。

 ⇒ もっと組織的な対応をしないと、能力を増す犯罪集団に対抗できない。

 

・これだけDXといっているのに、IT資産の管理が十分でない。

 ⇒ 外部委託を含め、子会社も含めた自社のIT資産を誰も把握していない。

 

 とのこと。これに対して、参加者から同意を示しながら、ではどうしたら?との質問が相次いだ。一番多かった質問は、人材に関すること。経営者の意識は別にして、指摘の改善をするにはしかるべき人材が必要。それをどうやって、採用・育成・評価・処遇するか、育てたら転職されてしまわないかということ。

 

 議論としては、転職されてしまったら、もっといい人を雇えばいいのではというものもあった。そう、人材流通によってサイバーセキュリティ人材の社会全体での処遇が上がればいいということ。この会合、今年度あと4回あります、楽しみですね。

「なか卯」の新カレー

 カレーライスはある意味日本の国民食、「CoCo壱番屋」「日乃屋カレー」「GoGoカレー」などの専門店がひしめくだけでなく、蕎麦チェーンも牛丼チェーンもメインメニューに加えている。牛丼チェーンでは「松屋」のこだわりが強く、熱烈なファンも多いと聞く。ただ、僕自身は「松屋」のものの印象は良くなく、そのせいで他のチェーン(牛丼も蕎麦も)でも滅多に食べることはない。

 

 しかし今回、この記事を見て、一度試してみようかと思った。

 

なか卯の新カレーにプロが舌鼓。“プラス80円”からの一押しトッピング3種 | bizSPA!フレッシュ

 

        f:id:nicky-akira:20211201134452j:plain

 

 ちょうどいつものBook-off平塚店に行った時のこと。270円以下の本が20%Offになるというキャンペーンで、嬉しくなってカバン一杯110円本を詰め込んだ。すぐそばに「なか卯」の店舗があり、財布の中にはもうじき期限の切れる「鶏天2個の無料券」がある。これは何かの思し召しと、自販機でカレーを選択した。

 

 ベースは550円のチキンカレー、もともと親子丼が売りのチェーンで鶏料理は得意技。鶏肉高騰中とも聞くが、大量仕入れなのか現状値上げはない。トッピングは、からあげ・鶏天・卵・トンカツとあり、鶏天無料券があるから「こだわり卵」にした。630円なり。

 

 「なか卯」は以前から、「こだわり卵」「鶏からあげ」の無料券は一杯配っていた。今回は「鶏天」ってどう唐揚げと違うのかと思って待っていると、運ばれてきたのがこれ。

 

    f:id:nicky-akira:20211201160509j:plain

 

 以前の球形のものではなく、長い涙的形の揚げ物が付いてきた。「こだわり卵」の方は、ちゃんと黄身(鮮やかなオレンジ色が特徴)を分離する器具までついてきた。確かに美味いのは黄身なので、カルボナーラを作るときにはこういうセパレータを使う。しかし白身がもったいないので、今回は卵は全部カレーソースに入れた。

 

 ソースの中にも鶏肉がゴロゴロ入っていて、なかなかのボリューム。お味の方はさして辛くないが、卵を混ぜて変化を楽しめる。上記の記事のように「プロが舌鼓・・・」まで行くかどうかは別にして、まずは美味しかった。

 

 人出はすっかり普通に戻ったように(少なくとも)感じていて、外食チェーンにも客が増えている。オミクロン株は怖いけれど、なんとか水際で長く防いでくださいね。以前の株なら、「COVID-19」も通常のインフルエンザくらいの警戒でいいので。

ボリュームランチ「肴酒・矢まと」

 秋葉原駅前のBook-offは、かなり大きな店舗だ。場所がら特にアニメ関係のDVDなどが充実している。先だっては「NCIS」の探していたシーズンのDVDも見つけた。海外のミステリー関連の文庫も多くて、アガサ・クリスティなどは特設コーナーがあるくらいだ。ちょっと新書の並べ方が独特で、僕には探しにくいのがタマに瑕だが。

 

 この日も秋葉原駅で途中下車して、新書を1冊と懐かしい創元推理文庫の2冊を買った。ちょうど昼を回ったところなので、今日のランチはこの辺りでいただくことにしたい。Book-offと同じビルにある「清流初つぼみ」は、以前「松花堂弁当」を食べた。別メニューの何かを食べようかなと思っていたが、ちょっと振り向いたところにも居酒屋風の店がある。

 

    f:id:nicky-akira:20211112203805j:plain

 

 「肴酒・矢まと」というのがそのお店。派手に提灯が並んでいるところから見て、どう考えても夜の店、「ホッピー」などと大きく書いてあるし。「COVID-19」禍で始めたのか、それ以前からランチをしているのかはわからない。でも、なかなか良さそうなランチメニューである。蕎麦のセットも美味しそうだ。多分「呑んだ後の〆の蕎麦」なのだろう。

 

 手を消毒して中に入ると、奥行きの深い店。左側がカウンター、右側がテーブル席。奥の方には個室(最大55名)もあるようだ。客の入りは半分くらい、カウンターの一番手前に座ってメニューを選んだ。「大戸屋」同様お魚定食にしようかとも思ったのだが、ふと思い立って「ハンバーグ定食」を頼んだ。900円なり。

 

    f:id:nicky-akira:20211112204646j:plain

 

 卓上には、醤油「本膳」のプラボトルだけ。夜用の「おつまみシリーズ」のチラシは昼も目につくところにある。「気に入ったら夜も来てね」というメッセージだろうか。5~6分待って運ばれてきたのがこれ。ご飯は普通盛り、味噌汁は薄めで具はほとんどなし。一口冷ややっこと漬物が別皿で、メインの皿には分厚いハンバーグ(焦げ目なし)とたっぷりのキャベツ、ポテトサラダ、アサツキ、シソの葉が盛り込まれていた。

 

 ハンバーグはもう少し火を通して欲しいかな、でもたっぷりの大根おろし&ポン酢に絡めると美味しい。キャベツにはフレンチドレッシングが掛かっているから、皿の上のマヨネーズは無くてもいいかも。

 

 ランチメニューは1,000円以下と、お得なお店。お味の方はしっかりしてます。今度は夜?来てみますかね。

Cyber Initiative Tokyo 2021

 毎年恒例になっているが、日経主催の「Cyber Initiative Tokyo 2021」が日経ホールで開催された。今年も基本はオンライン開催だが、登壇者は日経ホールにやってきて誰もいない観客席に向けて講演やパネルディスカッションをする。今回は、その舞台裏を少し覗かせてもらった。

 

 東京駅前から、無料巡回バス<丸の内シャトル>に乗って大手町へ。「Otemachi-One」の開業に伴い停留所が一つ増えて、神田橋のカッパの前を通って最初の停留所が「三井物産前」。その次が「日経本社前」で、そのビルの3~4階部分が「日経ホール」である。

 

    f:id:nicky-akira:20211201085227j:plain

 

 今回も聴いたのは、サプライチェーン・サイバーセキュリティのセッション。昨年同様3人のパネリストが登壇するパネルディスカッションである。昨年は本会合が終わった次の日のエクストラセッションだったが、今回は初日の夕方に設定されていた。

 

サプライチェーン・セキュリティ(1) - Cyber NINJA、只今参上 (hatenablog.com)

 

 立派なホールなのに、観客瀬にはほんの数人の関係者とカメラマンだけ。それでも登壇者はアクリル板で隔てられた席上で、居住まいをただしている。司会役と経産省の審議官は昨年と同じ人、それに大手企業で産業界でセキュリティ活動をしている人と、専門家が加わっている。

 

 冒頭司会役の人が、政府の新戦略「Cybersecurity for All」と経団連の提言「by All」を説明し、誰も取り残さない・全員参加の体制構築には、中小企業の取組を重視する姿勢がうかがえると述べた。これに行政からは「お助け隊」の活動や民間団体SC3への支援などが紹介された。専門家は自動車産業を例に、垂直統合型から水平分業型に移行しつつあって、国境も無ければ業際もなくなりつつあることを説明した。産業界の人からは、50社以上参加の産業横断活動を通じて「サイバーセキュリティは競争ではなく共創領域」と認識できたとの報告があった。

 

 時間が45分と短かったのが残念、90分あってもいいパネリスト達だった。ちなみにこのイベントに合わせて発表された優秀な企業の取組を表彰する「Cyber Index Award」では最優秀NTTグループに加え、特別賞として前経団連会長個人が表彰されていました。意識髙く、セキュリティ対策に取り組んだ経営者として、ということです。

虎ノ門界隈、変貌の有無

 欧米では「COVID-19」のブレイクスルー感染が急増しているそうだが、日本は感染者が激減した「いい秋」を満喫できて冬に入った。オミクロン株は不安だが自然と対面会合が増えて来て、僕の東京行きは2回/週が定常状態になっている。

 

 この日は某社の幹部の日程が取れて、急遽<虎ノ門ヒルズ>のオフィスにお邪魔することになった。御成門セミナーの司会役が終わり次第向かうことにして、地下鉄で一駅あまりの距離だがタクシーを手配してもらった。すっかり日が暮れた神谷町あたりを、渋滞の中でも間に合うように目的地に着けてくれた。ただそれからが大変、大きなビル群なので、先方のオフィスにたどり着いたのは約束時間ギリギリになっていた。

 

    f:id:nicky-akira:20211106163702j:plain

 

 瀟洒なそのオフィスでは、カジュアルな服装の人が目立つ。テレワークが普通になって、スーツにネクタイという習慣は吹き飛んでしまったようだ。紳士服や靴などの需要も激減したのではなかろうか。

 

 会ってくれた先方の幹部も、カジュアルなジャケット姿でノーネクタイ。僕がセミナー会場からきたせいもあってネクタイをしていることを揶揄されてしまった。中層階だったが宵闇の神谷町から霞ヶ関界隈を見下ろすことができて、風景が一変してしまったことを感じた。

 

    f:id:nicky-akira:20211106164302j:plain

 

 また別の日、今度は「久しぶりの対面会合をしましょう」とのお誘い。場所は虎ノ門でも米国大使館に近い方、ホテルオークラ前の<菊池寛実記念智美術館>。高層ビルが立ち並ぶ中、白壁の落ち着いたたたずまいの美術館である。会合の場所は美術館内のカフェを、夕方貸し切りにしてもらった。

 

 傾いてきた日が、狭いけれどよく手入れされた庭に差し込み、とても美しい。三々五々参加者が集まってきて、「久しぶりだな~」とか「お会いするのは初めてです」と改めて名刺交換などしている。聞くと「どんな服装にするか迷いました。このところスーツなど着ていないので」とのこと。

 

    f:id:nicky-akira:20211106165045j:plain

 

 ビデオ会議では何度も顔を見ている仲でも、ナマでの顔見世は初めてという人たちもいるので、自己紹介にあたり、

 

・最初にマスクを外して、顔を見せる。

・それからマスクをして、スピーチ開始

 

 という手順になった。何人かの人は「ヒゲ剃ってなくて申し訳ない」という。そこもカジュアルになってしまったようだ。

 

 換気のいい場所という条件で選んで貰ったのですが「変わらない虎ノ門」も堪能できました。対面会合、これからも増えますね。きっと。