Cyber NINJA、只今参上

デジタル社会の世相をNINJAの視点で紐解きます。

米露間のサイバー対話に期待

 「COVID-19」の蔓延が収まり切らない中、先週は高齢のバイデン大統領が欧州で多くの首脳会合をこなした。大変お疲れさまでしたと、申し上げたい。G7はもちろん、欧州委員会NATOとかつての「西側」を固めてから、最後に臨んだのがジュネーブでの「米露首脳会談」。

 

 前任のトランプ先生はプーチンに何度か会っているが、ロシアゲート疑惑の中心人物でもあり「無自覚の(ロシア)工作員」との評価もあった大統領なので、核大国米露の首脳が本気で渡り合う会談というのは久しぶりだったように思う。

 

無自覚の工作員 - 新城彰の本棚 (hateblo.jp)

 

 トランプ政権以前となると、2016年の杭州G20の場で、オバマ大統領がプーチンを呼び止め「何をしているか分かっている。やめないとどうなっても知らないぞ」と恫喝した時が両国大統領が向かい合った最後だったように思う。オバマはこの時、ロシアからの選挙介入を含むサイバー攻撃を糾弾したのだが、プーチンは「証拠を見せろ」と反論、両者がにらみ合う写真が公開されている。

 

        f:id:nicky-akira:20210618095559j:plain

 

 バイデン・プーチンは今年初めに新戦略兵器制限条約交渉で、オンラインで会合し制限条約を更新している。今回は初のリアル会談で、以下の項目が話し合われた。

 

軍縮の次のステップ、両国間の戦略安定対話体制構築

・(クリミアを含む)ウクライナ問題

・シリア、イラン、北極圏、ベラルーシアフガニスタンなどの紛争

・ロシアの人権問題

・選挙介入やインフラ等へのサイバー攻撃

 

 両大統領は会見後個別に記者会見し、これらについての(多少ニュアンスの違いはあるが)建設的な議論ができたと言っている。特にサイバー攻撃に関しては、

 

◇バイデン大統領

 米国の民主主義を狙う攻撃は容認しない。重要インフラ16種を提示してこれらへの攻撃を禁じるよう求めた。専門家による擬態的な協議を開始することで合意。

プーチン大統領

 専門家のレベルで協議を開始、両国の利益のための作業をする。サイバー攻撃を最も多くしているのは米国である。

 

 とコメントしている。中国政府は「中国に向けた悪意のあるコードのうち、57.4%は米国発だ」と言っているのと似たプーチン先生のコメントであり、ある意味正しいと思う。中国をこの枠組みに入れるのは難しいでしょうが、まずは一応選挙制度はあるロシアと米国のサイバー対話が重要だと思います。

柳の下にドジョウはいなかったが

 先週小田原の「KALDI」で買ったソノマのワイン「Picket Fence」が、あまりにも美味しかったので、もう1本買おうと家内と一緒に小田原地下街「ハルネ」までやってきた。ところが先週は床から積み上げるくらいあった「Picket Fence」の箱が、あっさり片付けられていた。できれば1本じゃなく2~3本と思っていた僕らはがっかり。柳の下の二匹目のドジョウには逃げられてしまった。

 

 仕方がないので、先週「まあそこそこ美味しい」と思ったヴェネト州のワイン「Villa Orchidea」の白バージョンと、エミリア・ロマーニャ州の赤ワイン「Aulente Rosso」を買った。

 

        f:id:nicky-akira:20210608104524j:plain

 

 後者はサンジョベーゼ種の葡萄を使ったもので、先週「Villa Orchidea」の赤とどちらにしようか迷ったものである。せっかく来たからと、その他にもチーズなど買った。その後、まだ他に買い物があるという家内と分かれ、僕はヤボ用を済ませに平塚まで行った。用事が片付いて時間はお昼を回ったところ。平塚駅の改札を通ってから、次の熱海行きまでには20分あることと、お腹が空いてきたことを認識した。

 

        f:id:nicky-akira:20210608105456j:plain

 

 それじゃ、というわけで駅構内の「いろり庵きらく」へ。暑くなった時期の定番メニュー「冷やしかき揚げそば」を食べた。ゆっくり食べ、ホームで5分ほど列車を待って熱海行きに乗る。

 

 その次の日、ランチタイムのデザートに出てきたのがこれ。「カヌレ・ド・ボルドー」という焼き菓子。昨日「KALDI」で買ってたのはこれだったのか。聞くとその名の通り発祥はフランスのボルドー地方、修道院で作られたのだという。カヌレという釣鐘上の型に、牛乳・蜂蜜・三温糖・強力粉・薄力粉・卵・無塩バター・バニラエッセンスなどを混ぜた生地を流し込んで焼き上げたものらしい。

 

    f:id:nicky-akira:20210608110243j:plain

 

 外側は固いのだが、内部はしっとり。甘すぎず、お菓子は苦手だった僕にも食べられる。ちなみに脇にあるのは、雑草園今年最後のイチゴ。小ぶりだけれど、甘かったよ。右側のマグカップは、今年手に入れたちょっとおしゃれな陶器。ペアマグカップである。「Picket Fence」は残念だったけれど、このお菓子も「KALDIの恵み」です。美味しくいただきましたよ。

藤沢の中華チェーン「萬福楼」

 神奈川県の「COVID-19」新規感染者数は落ち着き始めているのだが、先月末から「マンボウ」地域が広がって、秦野市平塚市小田原市までが含まれてしまった。茅ヶ崎市藤沢市は以前から地域指定されている。そんな中、今週も藤沢~茅ヶ崎~平塚のBook-off巡りにやってきて、今回は藤沢でランチとしたい。

 

 藤沢のBook-offの先には「CoCo壱番屋」があって、2度ほど食べたのだがちょっと体重増加が心配。Book-offの手前には何軒かラーメン屋はあるが、ラーメンはやや暑くなってきているのでちょっと遠慮したい。今日の狙い目は、中華料理である。というのは先日せっかく述べ5日間も中華街の側にいながら、結局中華を食べていないことに気づいたから。

 

        f:id:nicky-akira:20210602180338j:plain

 

 藤沢駅からBook-offの間に、何度も前を素通りした中華料理店があったのを思い出した。外観は、中華街に置いても問題ないように立派なビル。腕前の方を試してみたいと思っていた。風情からすると広東料理、いくつもランチメニューがあるのだが目に留まったのは、料理1品+ラーメンorやきそば+ライス+杏仁豆腐の定食。料理は5種類の中から選べる。

 

    f:id:nicky-akira:20210602181118j:plain

 

 2階は個室宴会場とのことだが、1階も8人ほどの丸テーブルに、6人掛けや4人掛けのテーブルが6卓とずいぶん広い。お水を持ってきてくれた人の発音は、南方系の中国語である。13時を回ったところだが、先客は3人だけで、みんな定食を食べている。定食の料理は、エビチリや青菜炒めにもそそられたのだが豚肉と野菜の炒め物、麺は上海やきそばを注文した。850円なり。

 

    f:id:nicky-akira:20210602181442j:plain

 

 店の案内を見ると、全て藤沢市内に4店舗があるらしい。常連と思われる若い男が2人入ってきて、やはり定食を頼んだ。続いて若い女性がやってきて「冷やし中華」を注文。そう、もうその季節だよね。5~6分して運ばれてきたのがこれ。炒め物の具は、豚肉・ニンジン・キャベツ・ニラ・キクラゲといったところ。少し味噌だれを感じる。やきそばの具は小松菜と豚肉、こちらは醬油ベースだがややオイスターソースが混じっているよう。

 

 火の通し加減や食感は申し分ないのだが、味に関してはちょっと?。量は一杯あるけれど、中華料理特有の深みのある味わいが感じられなかった。同じ850円なら熱海の「天煌飯店」の方が美味しいですね。うーん、ちょっと残念。

ボリュームランチ「つけ麺セット」

 この日はボーナスデーだった。大して会社に貢献できていないで、好きなことだけしている継続社員にまで、ボーナスが支給されるというのは申し訳ないような気もする。さらにボーナスデーは年休消化推奨日ということで、この日の社内会議は1日延期になった。これも恐れ多いことだが、残念ながら今日僕は年休にできない。

 

 それは夕方から、某大学の社会人講座で講義をすることになっているから。昨年度も某女子大(!)や大阪の大学で臨時講義をしているし、社会人相手ということでは某協会の全6回シリーズの研修の司会役をしたこともある。しかしれっきとした国立大学(僕の時代では一期校と言った)が、社会人対象のサイバーセキュリティ講座を開いているというのは、ちょっとした驚き。

 

 受講者を見ると、中小企業の経営者やデジタル産業の技術者もいる。これはなまなかなゴマかしは効かないなと、ガラにもなく真剣に講義資料を作った。その最終チェックを午前中に終えると、急に空腹が襲ってきた。夕方から2時間半にわたる講義・演習・討論を乗り切るためには、エネルギーの補給が必要だ。

 

    f:id:nicky-akira:20210606104328j:plain

 

 そこで駅前方面に出かけて、たっぷりしたランチを探すことにした。2度ほどご紹介した榛名ポークのトンカツ店「宮梅」は、営業終了。海鮮居酒屋へと改装中だった。最近は居酒屋でもランチ営業をしていて、「笑笑」でも1,000円未満の定食が食べられるのだが、今日はもっと炭水化物が欲しい。駅ビル「ラスカ」のおなじみ「五味八珍」に入った。

 

 いくつかある餃子セットのうち、唐揚げや炒飯は脂が強すぎる。ラーメンはもう気温的に遠慮したいので「つけ麺セット」を頼んだ。税込み1,089円なり。餃子は完全食で、中華麺ともども小麦である。それにお米が付いてくるというのは、ちょっと炭水化物過多とは思うが、今日はそのぐらいエネルギーがいるのだ(・・・と言い訳)。

 

 いつものように餃子に付いているモヤシをつけ汁に移して、まず餃子から食べ始めた。途中で中華麺をつけ汁にくぐらせて、食べてみた。以前よりすこし固めのゆでかたになったかなと思う。つけ汁は充分辛味があって、麺のうまさを殺さない。加えてご飯もある。

 

 いい「炭水化物ランチ」になりました。これで夕方からの試練にも耐えられますよ。ごちそうさまでした。

ちゃんとご飯「焼き鯖定食」

 今週も1日丸の内オフィスに出勤、午前中に某所によってからオフィスに着き、例によってここでしかできないことをする。もうテレワーク時代に突入して1年以上になるのだから、いい加減に郵便物をオフィスに送るのはやめてほしいと思うのだが、やはり数通/週はやってくる。もちろん急を要するものは滅多にないのだが、机上に積みあがってから整理するのも気分が悪い。

 

 処理を終わって13時ちょっと前、これからランチに出れば政府が求めている「ランチタイムをずらすこと」になるだろう。午後は来客があるので、この付近で済ますことに出来るお店を探そう・・・と井ノ頭五郎さん流に思った。

 

    f:id:nicky-akira:20210521093115j:plain

 

 丸の内北口ガード下の「てんや」「みろくや」らが閉めてしまい、「てんや」の跡は工事中だがまだ店舗の営業は始まっていない。「なか卯」はしょっちゅう使っているので、今日は別のお店をと思いオアゾの中に入っていった。ここは高級なお店が多いのだが、新丸の内センタービルには庶民的な店もある。今日はこのビルの3階にある「大戸屋」さんに行ってみよう。

 

 直近では五反田駅前で朝食を食べたが、本当にちゃんとした食事ができるチェーン店だと思う。オフィスに近いところで見つけたので、いつか食べたいと思っていた。入り口のディスプレイに、見た目も味のうちと美味しそうな定食が表示されている。

 

    f:id:nicky-akira:20210521104106j:plain

 

 入っていくと1人なので小さなテーブル席に案内された。昼時、ちょっと回っているがおおむね30%くらいの入り。ソーシャルディスタンス中だから、まあ6分くらいの席が埋まっている勘定だ。注文は机上のタブレットで、選んだのは「焼き鯖定食」840円なり。

 

    f:id:nicky-akira:20210521104321j:plain

 

 多くの外食チェーンと異なり「大戸屋」では、店内調理が基本。少し時間がかかるのはやむを得ないことだ。5分以上は待ったと思うが、運ばれてきたのがこれ。五穀米と白米が選べたのだが、これが白米の大盛り。ふっくらと炊き上がっていた。ほうれん草のソテーと大根おろしを添えた、鯖の半身はとても肉厚。薄めのわかめの味噌汁と共に、ゆっくり箸をすすめた。ちょっと味が足りないかなと思って、大根おろしと醤油をたらし、鯖を少しづつ味わった。

 

 「コロワイド」の買収の話はどうなったのでしょうかね?それがどう転ぼうが、この美味しさと安さは維持して欲しいものです。