Cyber NINJA、只今参上

デジタル社会の世相をNINJAの視点で紐解きます。

<EATALY東京>の利用法(後編)

 2月になって、この日はその計画を実行に移すことにした。僕自身が午前中霞ヶ関での会合があり、家内も買い物に東京に出てくる用事が出来たからだ。前回より少し早めの15時過ぎに落ちあって、いざ本格的なイタリア料理とワインを楽しもうと、レストランに入った。ランチの客が数人残っていたが、直ぐに奥のテーブル席に案内された。今回は「何時まで」との制約はなし。

 

 あらかじめ考えてあったので、メニューは簡単。前菜盛り合わせは2人前、プリモピアットのパスタとセコンドピアットのメインは1人前をシェアし、デザートはなし。飲み物の方は、前2皿がハウスワインの白を1杯ずつ、メインにはハウスワインの赤を1杯とした。飲み過ぎず、食べ過ぎず、しっかり味わおうという算段である。

 

    

 

 前菜は、何種類かのチーズにハム、バゲットやバーニャカウダの盛り合わせ。さつまいも以外の野菜は、日本ではお目にかからないものだ。三角形のものは、生地にチーズを挟んで揚げ焼きにしたもの。パリパリ食感が良かった。シャープな白ワインによく合う。

 

    

 

 パスタは、リングイネジェノベーゼソース。松の実がアクセントだが、太目で当家で人気のリングイネの歯ごたえがいい。インゲンとジャガイモが交っているが、ソースの緑色に隠れてしまっている。この緑が視覚に鮮やか。これも追加した白ワインでいただく。

 

    

 

 メインは、仔牛のカツレツ。大きく見えるが薄く延ばしてあるので、50gくらいだろうか?ミニトマトが可愛く、レモンの酸味が衣に沁みていい味わい。生バジルの味もいいアクセントになった。これだけは赤ワインを合わせたが、白でも良かったかもしれない。

 

 予定通り、白ワイン2杯、赤ワイン1杯を飲んで、十分満足しました。新幹線に乗ってしまえば、50分で熱海駅に着きます。手近なのに本格的なイタリア料理とワインを楽しめる店<EATALY東京>、今後も利用させてもらいますよ。ごちそうさま。

<EATALY東京>の利用法(前編)

 東京駅丸の内北口地下に、<EATALY東京>というレストラン併設の食材店がある。数年間この前を通ってオフィスに通った店だし、「COVID-19」前に2度家内とローマ旅行(*1)に行った時、ずいぶんお世話になった<EATALY>の出店だと聞いて興味は持っていた。

 

 ただ近すぎると「いつでもいけるからいいや」と、意外と立ち寄らないもの。何度かチーズや生ハムを買ったくらいで、ワインは指をくわえてみていただけ。確かに美味しそうだが、なかなかのお値段である。

 

    

 

 ただ、昨年末家内と16時過ぎに丸の内で用事が済み、何か食べようかという話になった。ところが、多くのレストランは17時まで中休み、さらにX'masなので予約で一杯という具合。仕方がないからチーズとハムでも買って帰るかと<EATALY>に入ってみた。そこで奥にあるレストランのことを思い出して見てみると、ランチ営業から続けてディナーまで開店しているという。現時点でランチの客が帰ってしまい、テーブルは全部空いている。もちろん予約があるので「18時までなら」という条件付きで、遅いランチとした。

 

    

 

 モレッティというビールを飲み、パスタを2種注文した。これは僕のセレクトであるボンゴレ・ビアンコ。アサリの出汁が良くしみていて、歯ごたえのいいスパゲッティを引き立てている。これは美味いと、ビールの次は白ワインのグラスを注文。迷った末、ハウスワインにしたのだが、これが十分美味い。シャープな香りと舌触り、それにかすかな甘みが感じられた。

 

 17時になると、予約客が何組かやってきてたが、それまでの間お店を独り占めしたのは気分がいい。夫婦で話し合って、遅いランチタイムにここでイタリア料理とワインを楽しむことを企画することにした。これなら人気店でも、予約の手間がいらない。

 

<続く>

 

*1:食の博物館「EATALY」 - Cyber NINJA、只今参上 (hatenablog.com)

  エトナ山のワイン - Cyber NINJA、只今参上 (hatenablog.com)

確定申告に行って来ました

 誰が言い出したのか知らないが「市民は納税、自民は脱税」とは・・・思わずヒザを叩く名句である。自民党の裏金問題は、3,000万円あたりでセンが引かれ、ほんの数人の関係者(主に秘書・事務方)の起訴で、検察の追及は終わってしまった。これでは野党だけでなく、市民の怒りも収まらない。次に期待がかかったのは、脱税疑惑。政治資金なら無税だが、使い残したり私的流用していれば「所得」として税金がかかる。ただ、これも国税庁の動きが鈍い。

 

 安倍政権時、ある検察官の定年を延ばしてTOPに据えようとしたことがあった。当該検察官がケチな賭けマージャンで退任し、検察庁への<自民党支配>は潰えたはずだったが、やはり検察も自民党の影響下にあると思える。では国税庁はどうか?ある識者は「しっかり収税し、増税もしたい財務省としては、長期政権が続く自民党に忖度をしてしまう」と話していた。

 

    

 

 正義のはずの検察が頼りにならず、アル・カポネを刑務所送りにした税務当局も、日本では「庶民には容赦なく、権力にはひれ伏す」存在。これでは、市民の納税モチベーションは上がらない。政府も多少はこの点を意識している(*1)らしいが・・・。

 

 僕としては、今回が4度目の確定申告。気は進まなかったが、追徴金がいやなので、やむなく足を運んだ。熱海税務署のサクラは、今年はまだ2分咲き程度。

 

    

 

 帰宅して、家内とアフタヌーンティーとしました。明日は結婚記念日。米国の学者が「紅茶には塩をいれるべし」との論文を発表、英国で反論が起きているようです。紅茶は、先月の英国出張で僕が買って来た<アールグレイ・クラシック>、チョコレートは今年のバレンタインデーに、家内が買ってくれたモロゾフのもの。バナナにホイップクリームをのせたデザートを添えて・・・。

 

 まあ、欧米各国も国内政治はめちゃめちゃな状況。日本はマシだねと言われることもありますが、何をしようにも<蟷螂の斧>ですから、せめて紅茶なりと楽しみましょう。

 

*1:自民、「納税」要求の高まり警戒 確定申告捉え野党攻勢―派閥裏金事件:時事ドットコム (jiji.com)

美栄橋周辺の素敵なレストラン(後編)

 「ヴィンラーゾ」では、続けて、

 

・ラム肉のソーセージ

・巨大マッシュルームの丸焼き

ボンゴレビアンコ

 

 を注文した。白ワインのボトルは、透明の氷水バッグに収めてくれている。

 

    

 

 極太のソーセージにクリームっぽいソースが掛かっているが、肉そのものの味付けはローズマリー。臭みのあるラム肉への対処なのだろうが、ちょっと感触が違うかな?カレー風味ぐらいが良かったかもしれない。しかし、それ以外は想像以上の美味しさ。

 

    

 

 ボンゴレには、あさりがたっぷり。パスタは僕らの大好きなリングイーネだった。

 

 三軒目は、アルゴス(*1)。ゆいレールの西側にあるのが本店「デリ✕ハンバーグ」、東側には「アクアマーレ」がある。この夜は、魚介類が中心の「アクアマーレ」に行ってみた。

 

    

 

 ここでも調理場を見渡せるカウンター席を選択、豊富なワインリストを見て、イタリアの白ワイン「イル・プーゾ」を注文した。前菜としての生ハムサラダのボリューム感と、バルサミコ酢の良く利いたドレッシングがいい。

 

    

 

 続いてポテトフライ(パルミジャーノチーズかけ)とクリームソースのパスタを食べ、白ワインが空いてしまった。まだ食べ、呑めそうなので、あぐー豚モツとトリッパの煮込みを注文。赤ワインボトル(アルゼンチンのドン・ダヴィッド)を追加した。

 

    

 

 最後のトリッパはちょっと味が薄かったけれど、それ以外は満点。久しぶりに夫婦で赤白1本ずつを呑むという快挙(?)ができるほど、このお店の料理は素晴らしかった。

 

 この駅周辺は、おしゃれで素敵なレストランが多いです。もう少し西側に行くと歓楽街だそうですが、僕らは美栄橋周辺の滞在がいいと思いましたよ。

 

*1:沖縄・那覇中心街のイタリア料理店 ALGOS(アルゴス) - 沖縄・那覇久茂地。イタリア料理と黒毛和牛ハンバーグのお店 ALGOS DELI × HAMBURG(アルゴス デリ×ハンバーグ)。沖縄の素晴らしい食材を出来るだけ使用し、本場イタリアの調理方法と組み合わせて、ご提供しております。是非『楽しい美味しい時間』 を過ごしくださいませ。

美栄橋周辺の素敵なレストラン(前編)

 今回の那覇滞在は、もちろんキッチン付きのコンドミニアムなのだが、ほとんどの夜は外食とした。それというのもこのエリアは、素敵なレストラン・居酒屋などが多いから。ネット情報とお店の概観、表に出ているメニュー表示などを見て、3軒を選んだ。

 

 一軒目は、美栄橋駅から徒歩1分のダイニングバー「ケサラ(*1)」。沖縄食材✕創作イタリアンだという。

 

    

 

 まずはオリオンドラフトで乾杯、白ワインをグラスでもらった後、フランスの赤ワイン「テール・ド・ソレイユ」を1本空けた。

 

    

 

 前菜2人前を注文したが、これがとても美味しい。マッシュドポテトを、カツオのカルパチョ、サーモンのすり身、レバーペースト、キッシュなどが取り囲んでいた。特にレバーペーストの味わいが深い。

 

 続けて赤ワインに合うものとして、あぐーベーコンとキノコのクリームソースパスタ、ハンバーグステーキを頼んだ。最後にチーズの盛り合わせをもらい、赤ワインの余韻を楽しんだ。ひとつひとつの料理が生き生きとしていて、とてもリッチな気分にさせてくれる名店だった。

 

 二軒目は、泊高橋バス停近くの路地にある居酒屋「ヴィンラーゾ(*2)」。鉄板焼きやタコ料理が看板の、イタリア・スペイン風バル。店内には南国(サモア?)風の音楽映像が流れていて、調理場を見渡せるカウンター席に案内された。

 

    

 

 前日同様、オリオンビールで乾杯。白のグラスワインを呑んだ後、イタリアヴェネト州産のサンアントニオソアーヴェ・フォンタナをボトルで注文。

 

    

 

 水ダコのカルパッチョは、ガーリックとオリーブ油が良く利いている。調理場で一人の男性が、ずっと刻み続けているのは多分ガーリック。

 

<続く>

 

*1:国際通り近くにあるダイニングバー|Che sara'

*2:VIN Lazo(ヴィンラーソ) - 前島の居酒屋 (business.site)