Cyber NINJA、只今参上

デジタル社会の世相をNINJAの視点で紐解きます。

ご当地ラーメン登場

 熱海で人気のラーメン屋ランキングを、<食べログ>が発表してくれている。

 

熱海で人気のラーメン ランキングTOP20 | 食べログ (tabelog.com)

 

 1位は「雨風本舗」、駅に近く田原町の交差点前の小さな店だ。休日には観光客の長い列ができる。2位は「わんたんや」、糸川の下流の渚公園近くの店。3位が「石川屋」、高倉健さんが愛した店と自称している。ラーメンではなくオムライスが有名。以下、このブログでも紹介しているとんこつが売りの「福ヤ」と「田中屋」、濃厚魚粉「麺匠うえ田」、つけ麺「維新」などが並んでいる。

 

 ただ大上段に「熱海ラーメン」と銘打った店は、これまで無かった。20年ほど前、熱海の街おこしの関係で有名なコンサル事務所に依頼したところ「熱海ラーメン」というアイデアはあったそうだが、実現しなかった。お土産品で「伊勢海老ラーメン」があるくらい。

 

    

 

 ところがこの春、僕の通勤路にあたる咲見町の道すがらに、「熱海ラーメン金目鯛出汁」という店がオープンした。とんかつ屋「宮梅」が海鮮丼の店に代わったのだが、その隣の小さなスペースに新装開店している。開店当初は派手に胡蝶蘭が並び、そこそこにぎわっていた。何度も前を通るうち、徐々に客足が落ち着いてくるのを見て一度試してみようと思っていた。

 

 この日、家内に言われて駅前の「成城石井」でワインとチーズを買いに行った。その途中でランチにしようと思っていたのだが、馴染みの「天煌飯店」が閉め(廃業)てしまっていてがっかり。買い物ついでに駅ビルで食べようとしたのだが、平日だというのに観光客で一杯。

 

    

 

 それならと、ワイン2本を入れたリュックをかついで「熱海ラーメン」まで戻ってきた。カウンター6席ほどの小さな店。若い男女2人でやっているようだ。基本メニューは、金目鯛ラーメン(980円)と金目鯛まぜそば(880円)。蒸し暑さもあって、スープのない<まぜそば>にした。

 

 茹で豚肉、玉ねぎ、三つ葉とメンマがトッピング。鰹節の香りがすごい。中太の平打ち麺の歯ごたえ、のど越しがいい。<和風リングイーネ>のような感じ。出汁に金目鯛が利いているかはよくわからないが、美味さは充分だった。

 

 「一番軒」だったら<大盛り中華そば>が食べられるお値段ですが、全く違った食べ物と言えます。つけ麺「維新」よりはいいかな?また食べに来ますよ。ごちそうさま。

取り越し苦労とは思うけど

 先週は、いろいろと気になる記事があった。まず横浜エリアの大停電、6万戸以上に影響が及んだという。すわ、電力インフラを狙ったサイバー攻撃かと思ったが、川崎市内での地中管工事のミスだった。次に明治用水の水位が下がって、工業/農業用水が確保できないという件。これも川底が抜けたという「事故」で、人為的な何かが原因ではなさそうだ。

 

 この件の対処については、まずポンプを並べて工業用水の確保、農業用水は当面対策のメド立たず、農家に「田植え少し待ってね」というていたらく。先日三重用水の保全担当者さんから「最大毎秒約7トン(農業用6トン、水道用0.7トン、工業用0.2トン)を供給できます」と聞いていて、そこでは工業用水の比率はほんのわずかだった。用水によって、プライオリティは違うものだと納得した。

 

 ロシアのウクライナ侵攻で国際情勢が一気に変わり、日本も含めて準戦時モード。何かがあると「攻撃」かと疑ってしまうのはやむを得ない。もうひとつ、これは海外でだが、ちょっと気になるニュースがあった。

 

    

 

欧米で「サル痘」続発 感染連鎖、注意呼びかけ | 共同通信 (nordot.app)

 

 天然痘に似た感染症<サル痘>が、欧米でヒトに感染した事例が増えているという。英国ではヒト~ヒト感染も報告されていて、保険当局が「異常な事態」と言っている。というのは、この病気はアフリカ由来のもので、前回の感染騒ぎは2017年のナイジェリアでのもの。今回アフリカ諸国での感染が見られないことから、どこから来たのか疑念を呼んでいる。

 

 このウイルスの感染経路も、飛沫・接触である。「COVID-19」禍で手指消毒やマスクをしているケースも多いのに、なぜ今感染拡大が起るのだろうか。致死率は1~10%と言われるが、他に重大な疾患が無ければ重症化したり死亡に至るケースは少ないとのこと。特に僕ら種痘を経験している世代では、心配はなさそうだ。

 

 気に入らないのは、やはり欧米ばかりに感染者が出ていること。ひょっとして対立してる某陣営の「生物兵器」だったら・・・と思ってしまった。紛争の専門家は「大量破壊兵器を使うなら、核兵器使用の前に生物・化学兵器から始めるはず」と言っていた。その段階に来たのかもしれない。

 

 疑心暗鬼はそれ自体が問題、僕の取り越し苦労であってくれればいいのですが。

インフラメンテナンスの現場(7/終)

 翌朝、鈴鹿市内のビジネスホテルで、ちょっと遅めに目覚めた。あまりにもInput情報が多すぎて脳が刺激を受けたからだろう、寝付けなかったこともある。朝食は6時半からで、出発は8時前。慌てて着替えて朝食会場に降りて行った。

 

 朝食はバイキング方式、一人一人に消毒済みのトングが渡され、しかも使い捨て手袋を両手にはめて食材を取れとのこと。ご飯も「自動よそい機」に希望量を入力して茶碗を出すと、「ポン」と音がして配給してくれる。「COVID-19」禍に、バイキング会場も苦労して対応しているようだ。

 

    

 

 この日はマイクロバスで鈴鹿市を後にし、名古屋に向かっていくつかの「現場」を巡っていく。昨日とは異なり、小雨の中を路面や橋梁を見て説明を聞く。徐々に名古屋に近づいてきて、県境までやってきた。ここに国交省の<木曽川下流河川事務所>がある。上層階に上って隣接する揖斐川を見ると、左手に国道1号線の伊勢大橋、右手奥に長良川河口堰が見える。

 

 説明を受けたのは、伊勢大橋の架け替え工事。まさに「弩級のインフラメンテンス」である。現在片側2車線の大動脈を支えている伊勢大橋は、1934年に竣工した長さ約1kmの橋。それ以前は渡船で往来したというから、竣工以前とは物流量がケタ違いになっている。今の伊勢大橋の右隣に、新しい橋の橋脚だけは完成していた。

 

    

 

 列車で名古屋から鈴鹿に向かっている時、まず渡るのは庄内川、続いて日光川。これらの川でも、酒匂川や相模川くらいの規模はある。しかし続く木曾・長良・揖斐の三川を渡ると、その川幅に圧倒される。この三川を越える難しさは、江戸時代の東海道が熱田から桑名までは水運だったことからもわかる。

 

 1934年といえば、第二次世界大戦前のキナ臭い時期。兵員や装備の陸送には、伊勢大橋が必要だったのだろう。実際空襲が激しくなった1945年には爆撃もあって、昨今の橋脚工事でも不発弾が見つかっている。上部構造物には機銃掃射の弾痕もあるというから「戦争遺構」でもあるわけだ。

 

 デジタル業界とは時間軸の違う技術の世界、2日間にわたり堪能できました。企画をしてくれた国交省三重県鈴鹿市他の皆さんに、感謝・感謝です。

インフラメンテナンスの現場(6)

 次に見せてもらったのは<鈴鹿フラワーパーク>の南側に広がる白鳥湖(加佐登調整池)の傍らにある橋。用水路を渡るだけの短い(5m位)の橋で、用水路が出来上がって後に掛けられている。用水路のコンクリート壁の上面に乗っける工法で作られたのだが、橋を支えるコンクリート部分に亀裂が生じたという。

 

 そこにエポキシ樹脂を注入して、塗装し直す補修をしたとの説明だった。僕は「へえ~」と聞いていただけだったが土木工学の専門家は、

 

 「この程度の大きさ(重さ)の橋を乗せただけでひび割れるのはおかしい」

 

 と壁面の厚みや構造設計上の問題を問いただし始めた。その場では十分な資料は得られず結論は出なかったのだが、既存の構造物に何かを付加する時の留意事項は教えてもらえた。現場経験の長い専門家は僕に「理論上OKでも、現場でカンの働く人がいないとこういうことも起きる」と説明してくれた。

 

 本題ではないのだが、この調整池は県の管轄で、調整池事態の説明をしてくれた。この池は<三重用水>の中核的調整機能を持っているという。<三重用水>は、水の都とも言われる大垣市揖斐川の源流に近いところから始まる。三重県東部は大きな川が少なく、岐阜県から水資源を貰っているのだ。

 

    

 

 大学教授が「岐阜県からの提供容量はどのくらい?」と聞いた。答えは、

 

・理論上、最大毎秒約7トン(農業用6トン、水道用0.7トン、工業用0.2トン)

・現状では、毎秒3~4トンが最大の取水

 

 とのことだった。マイクロバスに戻ってからその教授に「なぜそれを聞いたのですか」と問うと、「揖斐川の支流で毎秒3~4トンが抜かれているが、何の問題も起きていない。大井川の問題が大したことではないと言いたくて」との返事だった。現在リニア新幹線の工事が、大井川の源流の水問題で止まっている。その原因は、大井川の源流から水が失われると静岡県知事が騒いでいることだ。その「失われる量」は毎秒1トンにも満たないという。昨年現職知事が再選されているが、そんな知事を選んでしまった県民として恥ずかしく思う。

 

 その後近隣の橋梁の補修現場など見学させてもらった。綺麗に補修されていたが、工事前の写真を見ると橋を支える鋼材がミルフィーユ状に割けていた。専門家は「50年でこうなるのは、問題だ」と重ねて強調していた。

 

<続く>

インフラメンテナンスの現場(5)

 今回のツアー、市役所庁舎内だけの議論だけではなく、実際に現場を見せてもらうこともできた。資料で見せられた「包括委託」工事の結果や、橋梁の工事の現場、公園の整備状況などもマイクロバスで巡ってもらえた。<鈴鹿フラワーパーク>というのは、市の中央を流れる鈴鹿川沿いに整備された、面積9.9haの広大なもの。

 

 エントランスから花畑を通っていくと、<ル・マン広場>という4本の塔に囲まれたスペースに出た。自動車レースで有名なフランスのル・マン市と鈴鹿市は、姉妹関係にある。そういえばここには<鈴鹿サーキット>という目玉施設もあった。

 

    

 

 大学教授が「立派な公園だ。広いし整備もきちんとされている。平日でも利用者が多い」と評した。鈴鹿市は海沿いの白子駅を中心とした平地部分と、雪氷対策が必要な山間部に分かれる。この公園はその接点にある。ここでも予算は充分ではないが、整備はボランティアの手も借りて出来る限りのことをしているとのこと。

 

 その後食事の場に移ると、これまでの議論に関して専門家の皆さんが感想を述べ始めた。

 

    

 

・公園整備のボランティアはいいとして、委託事業者がボランティア精神では困る。

・包括委託はいいが、上限(130万円/件)が厳しすぎないか。

・除草や雪氷対策ならともかく、路面補修などでは委託業者の技術力判定が必要。

・これだけ零細事業者が多くてはどうしようもない。なんらかの淘汰が要るね。

 

 ボリューム満点の「ヒレカツ定食」を黙々といただいていた僕に、

 

「やっぱり(事業者の)DX要るよね。NINJAさん、どうしたらいい?」

 

 と質問が飛んできた。慌ててカツを呑み込んで、

 

・DXの前提は基本業務の標準化、これが出来ればシステムが統一できる。

・各社が「ワシ流」を改めるのは難しかろうが、標準化なしのデジタル化は失敗する。

・まず市役所のDXが必要、少なくとも公共事業発注業務は電子化する。

・できれば国で標準的な発注システムを(クラウドで?)提供できるといい。

・例えば5年の移行期を設け、それ以降は電子化でない発注は全廃する。

 

 と応えた。これによって委託業者は(受注のためには)その部分の電子化をしなくてはいけなくなる。要員や技術的にムリというところは、合併するなりなんなりして体制を整えるだろう。

 

<続く>