Cyber NINJA、只今参上

デジタル社会の世相をNINJAの視点で紐解きます。

如水会館「ジュピター」(後編)

 今でもサイバーセキュリティの話をユーザー企業の経営者に聞くと、「それはベンダーさんに任せてあるから」と答える人もいるくらいだ。だから霞ヶ関や業界団体は、「サイバーセキュリティは技術課題ではなく経営課題」と繰り返し叫ぶことになる。日本の企業はデジタル革命のためには、ベンダー丸投げでは済まないことを知って欲しいと思う。主賓の方の企業は、40年前にそれを分かっていたのだろう。そのことは、この方の人生も変えたはずだ。ベンダー丸投げなら、経営者になってもデジタル政策に関与されても、今ほど理解をして積極的に提案などされることはなかっただろう。

 

    f:id:nicky-akira:20190607181519j:plain


 そんなことを考えているうちに、メインの一皿目。舌平目のムニエルである。キューリに焼き目を付けたものを台替わりに、ヒラメの切り身が「美味しいよ」と言っているように思えた。白ワインもまだ十分残っているし、少しづつ削りながらワインで流し込んだ。ほんのりバター味がしたが、舌触りはとても柔らかい。

 お酒が入ってくると、話の時間軸がさかのぼってくる。やれメインフレームのリーダーに読ませるカードデッキがどうかとか、紙テープがどうだったという古式ゆかしい話になった。そのころは、コンピュータなるものがこれほど社会に影響を与えるようになろうとは、誰も考えなかった。当時のファイル容量は中型計算機で100MBもあれば大きな方、今のスマホは内部にその1万倍ほどの記憶容量を持っている。

 

    f:id:nicky-akira:20190607181605j:plain


 白ワインがなくなり、赤ワインが注がれた。メイン二皿目はヒツジやウシのグリル。僕はウシのフィレ肉をレアでと頼んでおいた。野菜やパイを添え物にしたフィレ肉は、確かにレアだったけれどポテトチップスほどの面積だった。マディラ酒のソースが器に入って出てきたが、あまりそれには絡めないで食べた。柔らかくて、これはレアでないともったいない・・・もう少し大きめだと良かったけれど。赤ワインの銘柄は分からなかったが、酸味が強すぎずふっくらとした香りだった。キアンティ・クラシコだったのだろうか?

 いろいろな話をしながらの2時間ほど、日本人(の中高年)にも適当な量のフレンチのフルコースを久しぶりに味わいました。主賓にお世話になったこの7〜8年のことも含めて、ありがとうございました。

如水会館「ジュピター」(前編)

 ある偉い人の引退にあたり、お世話になった人たちが集まって歓送会をすることになった。僕も末席に加えてもらえることになったのだが、会場に指定されたのが「如水会館」。調べてみると、一橋大学のOB会館がルーツだという。最寄り駅は東京メトロ竹橋駅だが、前の訪問先の関係で神保町駅から歩いていった。共立女子系の教育機関が一杯あるし、一ツ橋という交差点もあった。このあたり歩くのは初めてだ。

 

         f:id:nicky-akira:20190607181045j:plain


 ロビーに入るとコンシェルジェが「XXはお二階です」という。一橋大学かどうかは知らないが、OB会でもしているのだろう。XXのところは良く聞き取れなかった。レストランへ行くと告げて奥へ入ると、渋沢栄一殿の胸像がおでむかえ。5年後は日本を席巻されることになる方なので、一度ご挨拶をしておいた方がよさそうだ。目指すフレンチレストラン「ジュピター」は、胸像の右手にある。

 会食は個室で10名、一杯カトラリーが並んだ席が用意されていた。主賓は5分前に到着、一人を除いて揃ったところでシャンパンで乾杯となった。主賓の方とはこの7〜8年間にわたり、デジタル政策の国際会議に何度もご一緒した。主にワシントンDCとブリュッセルであるが、パリもあった。そんな思い出話をしながらアミューズに続いて前菜。焼きナスのピューレにオクラとトコブシが浮かんできた。シャンパンを飲み干していて、いつの間にか白ワインになっている。

 いずれのお皿も、食材は(食べ過ぎないように)ほんのちょっぴりしか乗ってこない。次の冷製スープもアスパラをすり下ろしたものとジュレの混ぜものである。「XXでございます」と言われるのだが、たまにしか聞き取れない。結局、席に置かれていたメニューを見て確認するしかない。これって最初に見て、覚えておくべきものなの・・・てなこともこの期に及んで聞けないし。

 

    f:id:nicky-akira:20190607181152j:plain


 主賓の方は、理系の出身ではない。ただ新入社員時期に「IT部門配属はどうか」と聞かれて、大抵の人が「いやです/絶対いやです」という中で特に拒否しなかったのが、デジタル部門と通常業務を半々にするキャリア形成の基になったとのこと。40余年前の(コンピュータの)ユーザー企業としては、かなり先端的なキャリアパスをもっていた企業と言えるだろう。

<続く>

四次元地図のススメ

 豪雨、台風、地震と立て続けに日本列島を見舞う自然災害だが、程度の差こそあれ今に始まった話ではない。奈良の大仏建立も、相次ぐ災害を鎮めるために実施された公共事業である。ある人が「風疹の流行もあるし、今こそ第二の大仏建立を」と真面目に言っているのを聞いて、ちょっと納得してしまった。

 
 しかし僕は曲がりなりにも技術者のはしくれ、もう少し科学的なアプローチはないかと考えてみた。高度成長期、増える人口を支えるため各地で宅地造成が急ピッチで進められた。家族構成も大家族から核家族で移行しており、必然的に住居の数が必要とされたわけである。宅地造成は、丘陵を切り開き、湿地などを埋め立てて進められた。
 
 例えば名古屋近郊では、JR東海道線枇杷島駅清洲駅は10余年前の庄内川決壊時に文字通り「島」や「洲」になって過去にここが湿地帯だったことを示した。かつては広島市安佐地区の豪雨災害やその後の廃線鉄道の復活を見てきたが、昨年の被災地札幌市清田区も、恐らくは沼沢地を埋め立てて作られたエリアだろう。
 
 今住んでいるところがどういうところかを、できれば住居購入前に確認していくことが望まれる。そうすればどういう危険があるか、備えはどうするべきか考えておくこともできるからだ。しかし土地に詳しくない人にとって、そういう判断をするのは難しい。「売らんかな」の不動産屋に聞いても、不都合なことは言いたがるまい。
 

    f:id:nicky-akira:20190419061642j:plain

 そんな時、土地の「四次元地図」があったらいいなと思ったことがある。縦・横・高さに加える四次元目とはもちろん「時間」。以前つくばの国総研で、つくばエキスプレスつくば駅周辺の時が異なる複数の地図を見せてもらった時にそう思った。終着つくば駅のひとつ手前研究学園駅にはつくば市の市役所があるが、これらのエリアが何もないところから、道路が出来、市役所や大学関連施設が建ち、線路が通って現在の状態になるまでの変化を興味深く見た。これが四次元地図のサンプルである。
 
 国土地理院のデジタル白地図は意味あるものなのですが、誰かその上に過去の地図情報を乗っけてくれませんかね。都市計画や防災に役立つだけではなく、地域経済の活性化にもつながると思うのですが。

オール800円の謎

 結構蒸し暑い日が続く中、12時までの霞ヶ関での会議を終えて、つぎの予定は六本木ヒルズ。途中で昼食を摂らないといけない。まず手近なところで合同庁舎2号館の地下食堂を覗いてみたが、長蛇の列。仕方ないよね、下りのエレベーターだって何とか乗ったくらいだから。全館一斉に、お昼の時間になっている。

 
 2号館を地下1階から出て、そのまま地下鉄へ。六本木へは日比谷線で2駅の距離だ。今時分、どこの食堂も満員だろうからどこで食べようか迷いながら、とにかく列車に乗った。六本木駅の改札を出て、まっすぐ行けばヒルズに出る。左の階段をあがれば、ノースタワーの地下ショップ&レストランン街がある。つけ麺の店、とんかつ屋さん、サブウェイ、炒飯の店などあるが、どれも列が長い。
 
 仕方がないので、地上に出て探した。で、見つけたのが古いビルのテナントの中華料理店。表の看板によると、定食から炒飯、麺類までランチは全部800円。当日の一品と杏仁豆腐が付くとある。まあこれでいいや、と1基しかないエレベーターに乗って4階へ。手狭に見えるが、4人席が7~8、その他に2人席もあって空席はあった。ちょっと年配のウェイトレスさんは日本語が怪しい。混んでるから少し時間がかかると言う。
 
 それでも席は空いているからOKと言ったが、そのうちに「混んでる」の意味が分かった。客席係が一人しかいないので、注文を聞き、料理を運び、会計をするだけで精一杯、済んだ食器を片付ける時間がないのだ。やれやれと思って立っていると、ようやく2人席をひとつ片付けてくれた。注文するにも時間がかかり、やっと注文して水を飲んでいると次の客がやってきた。ウェイトレス殿は何か身振り手振りで断っている。その2人は残念そうに帰っていった。

    f:id:nicky-akira:20190419054223p:plain

 
 30分ほど待って運ばれてきたのが、このエビチリ定食。左下から上へ、キュウリの浅漬け、ぬるめのタマゴスープ、杏仁豆腐。右上は2個の蒸し餃子。中央がエビチリで、刻んだレタスの上に比較的大ぶりの海老が一杯、チリソースもたっぷりかかっている。
 
 ご飯を含めて、量も味も十分満足できるものだった。800円は安いなと思って、何故全部同じ値段なのかわかったような気がした。ウェイトレス殿が1人800円しか計算できないのではないだろうか。夜は別の店員が来るのだろうが、昼は労働力(質量とも)不足というわけ。小規模飲食店の人手不足が昼食難民の度合いに拍車をかけているのかもしれませんね。

1500円・1300円・1000円

 参議院議員選挙の各党公約が出そろってきて、どうも争点は「年金・最低賃金・消費税」のようだ。共産党は「減らない年金」を掲げて、与党の「マクロ経済スライド」を廃止するという。こと年金に関しては、国民年金だけでは生活に十分でないことは周知のこと。厚生年金が上乗せされても、さらに工夫がいるというのも良く言われていたことだ。政局になってしまったのでいたしかたないが、これを選挙の最大の争点(立憲民主党蓮舫議員)にするのはいかがかとも思う。

 

 次に最低賃金だが、共産党が全国一律1,500円、立憲民主党も全国一律1,300円、自民党が全国平均1,000円に引き上げと言っている。僕はここに一番の(意味のある)違いがあると思う。厚生労働省によると、現状では最低である鹿児島県の761円と最高である東京都の985円には、216円の差がある。(おおむね2018.10時点の調査による)

 

   f:id:nicky-akira:20190622114333j:plain

 

 平均値は示されていないが、仮に860円とすると自民党案では16%のUPになる。全国一律としては共産党案では鹿児島県で97%、立憲民主党案では鹿児島県で71%のUPである。時間軸こそ示されていないが、果たして2倍近い賃上げが可能な事業者がどれほどいるだろうか?韓国文政権がこの2年間で約30%の最低賃金上げを実施した結果、多くの倒産・廃業・事業縮小を招き失業者を生み出したことを考えれば、自民党案ですら社会に混乱を招くことになりそうに思うのだが。

 

 ひどく意地悪な意見を言えば、僕のように長年デジタル経済拡大を働き掛けながら日本の商慣行やデジタル化を阻む規制に跳ね返されてきた者にとっては好機である。10人の従業員を半分にして、その分自動機等を入れてくれるならありがたいのだ。時給761円なら機器導入・運用コストより安いとしても、1,500円なら自動機の方が安いことになる業種・企業はたくさんある。

 

 

 自動機導入は、現場の作業手順を大なり小なり変える。これに反発する従業員・組合等に配慮していた企業経営者も、倒産がちらつけば決断せざるを得ない。結果として、国内企業が雇用を減らし、その分のシステム開発のある部分はオフショアでインド等から調達することになろう。このあたりを、国会議員の皆さんはよくご理解いただきたいものです。