Cyber NINJA、只今参上

デジタル社会の世相をNINJAの視点で紐解きます。

国分寺駅北口の変貌

 総務省の研究所である「情報通信研究機構」に行くために、久しぶりに国分寺駅に降り立った。この街は30余年前、しばらく勤務したところである。東京都で中央線という幹線の大きな駅なのに、ローカル駅の風情で「武蔵野」の息吹さえ感じられたところだった。今でも銘水100選に入る湧き水が多い。

 

 国分寺村と呼ばれていたころ、若くてお金のない漫画家とタマゴたちが集団で暮らしていたとも聞く。駅の北口周辺にはゴチャゴチャと呑み屋が入り乱れ、迷宮のような場所だった。「月海」というマス酒の美味しい店を覚えているが、今もあるのだろうか?

 
 その駅前再開発は20年以上前から始まっていて、まず南口にデパートが建った。地面を走っていた中央線の高架工事もこの時に行われた。北口周辺は取り残されていたのだが数年前から大規模工事が始まり、「ミーツ国分寺」というショッピングモールが開業していた。かなりの高層建築で、上部はマンションのようだ。

    f:id:nicky-akira:20190423185527p:plain

 
 その北にはまだ工事中のエリアがあって、バスターミナルにでもなるのだろうか?乗ったタクシーの運ちゃんは、「ずっと工事ばかり。利用者のことも、タクシー運転手の事も考えない工事の進め方で困ってしまう」と文句タラタラである。
 
 用事を済ませて、駅前に戻ってきた。誘ってもらったのはビルの3階の居酒屋。開店早々のようで、装飾その他が真新しい。料理の盛りつけも手の込んだもので、スペクタクルなお刺身の盛り合わせが出てきた。各段に種類の違う刺身が盛られ、下からはドライアイスの煙が立ち込める。これで2人前。
 
 街もお店もすっかり新しくなりました。30年以上経つのだから仕方ないのですが、昔からの馴染みの店、次に来る機会があれば探してみることにしましょう。

「空飛ぶシェフ」の腕前

 2泊4日の海外出張など珍しくはないが、今回は密度が濃かったし深夜発着があったせいか疲れた感じがする。単にトシとったということかもしれないが・・・。ともあれ最後のフライトに乗り込んだのは、現地時間で午前1時過ぎ。幸いビジネスクラスがとれたので、1年半ぶりにトルコ航空の広い座席に収まることができた。

 

    f:id:nicky-akira:20190810091005j:plain

 

 航空機内のスペースに人間をたくさん詰め込むために、脇テーブルの下に後ろの席の人の足が入るようにするのが昨今のレイアウトだが、このタイプは違う。しばらく前にドーハからローマまで乗ったカタール航空の座席に近く、ゆったりとした(贅沢な)空間である。

 

https://nicky-akira.hatenablog.com/entry/2019/06/29/140000

 

 さらにモニター画面の下にはオットマンがあって、その中は物入になっている。小柄な日本人にはオットマンまで足が届かないのが恨めしいが・・・。フライトはほぼ定刻に出発、カスピ海から中国北部を抜けてソウル上空から日本海(東海じゃないよ!)に入るようだ。最近半島の付け根の国が「飛翔体」を飛ばしているが、そういうものに当たらなければ、なんとか帰れそうだ。そう思うと肩から力が抜け、さっそく白ワインを注文した。

 

 「空飛ぶシェフ」がやってきたが、今回は女性。イスラム教の国ではあるが、ダイバーシティが高いのもトルコと言うお国柄である。お腹はあまり空いていないので前菜はスキップし、メインにメカジキのグリルを頼んだ。

 

    f:id:nicky-akira:20190810092115j:plain

 

 乱気流に入ったようでベルト着用サインが点灯したし、結構揺れる。地図によると、アルメニアからカスピ海に近づいているようだ。白ワインでナッツをつまんでいると、メインディッシュの登場。紙にくるんだ小さなLEDランプが可愛らしい。中央のメカジキを挟んで右がジャガイモのムース、左はほうれん草とキノコのソテーだった。比較的薄味で、淡い味わいの白ワインに合う。今回のイスタンブール行、慌ただしかったからしっかり味わえなかったが、トルコ料理が日本人の口に合うことは間違いない。「空飛ぶシェフ」にも感謝である。

 

 食後酒としてスコッチのオンザロックを貰い、お代わりもして少し酔っぱらった。さてひと眠りしましょうか、目覚めたら日本海であることを願いながら・・・。

イスタンブールの新空港

 現在のイスタンブール空港は、昨年10月に開業したばかり。昨年2月にテルアビブに行くとき乗り換えた空港はもっとイスタンブール市街に近く、南のマルマラ海側にあった。新空港は黒海側で、広さは7,600haというから成田空港(約1,100ha)の7倍ほどである。今年4月に旧空港からすべての旅客便を引き継いでいる。

 

    f:id:nicky-akira:20190810072245j:plain

 

 すでに到着した時から、その広さに驚いていた。着陸してターミナルビルまでタキシングするのだが、走っても走ってターミナルらしきものが見えてこない。およそ30分走ってようやくゲートに着いた。そこには電動カートが出迎えてくれて、深夜の人気のないターミナルの中を時速20kmくらいのスピードでイミグレーションまで運んでくれた。ゲートから歩いたら、おそらく30分はかかっただろう。

 

 帰国便に乗るためのピックアップは22時の予定より早くやってきて、(イスタンブール名物の)渋滞にも遭わず高速道路に乗った。走ること40分ほどで空港に着いた。チェックインカウンターでもらった搭乗券の搭乗時刻は0時40分。あれ?出発時間は1時40分だから1時間前の搭乗とは早すぎないか。

 

    f:id:nicky-akira:20190810082608j:plain

 

 とりあえずはトルコ航空のラウンジに入ったのだが、これも広い。巨大なフードコートのようだ。そう沖縄のイオンモール・ライカムのフードコートなみの広さだ。ディナーは食べたばかりだし、フライト上の「空飛ぶシェフ」の料理も食べたいから、ここでは水だけ飲んでいた。そのうちに会議で一緒だった人たちが三々五々到着。なにしろイスタンブール・東京間の直行便はこれしかないから、みんな集まってくるし予約できなかった人も多いようだ。

 

 搭乗時間が近くなったので時間に正確な日本人6人が腰を上げ、ラウンジを出るとそこにお迎えの電動カートがいた。やれやれこれなら30分歩かなくていい。カートはまだ人の多い構内を少し慎重に(それでも時速15kmくらい)ゲートまで運んでくれた。まだまだ拡張工事中のこの空港、2つ目のターミナルも建設中だ。2030年には6本の滑走路を持った、年間2億人が利用する規模になるという。この街はふたたび東西の結節点になろうとしているのでしょうね。

ビストロパブ「WATERLOO」

 イギリス駐在経験のある昔の仕事仲間に誘われて、今夜は東銀座にやってきた。僕自身はイギリスは数回出張経験があるだけだが、鉄道好きなのでできるだけ「TUBE」こと地下鉄を使うことにしている。地下鉄(Undergroundともいう)の目印は、赤い縁取りをした青地に白文字の看板。

 

         f:id:nicky-akira:20190727100845j:plain

 

 今夜のディナーのお店は、その地下鉄の看板を目印にすればいいと言われていた。店の名前は「WATERLOO」、日本人にはワーテルローと言った方がわかりやすいかもしれない。ロンドン中心部の鉄道駅で、もちろん地下鉄の乗り換え駅でもある。ビッグベンやロンドンアイにも近く、ロンドンから南西方面への列車が発着する。

 

 入り口の狭いパブで、長いカウンターの奥に4人用テーブルが6つほど。比較的若い女性客が多い。狭い店内はたちまち満席に近い状態になった。3人のうち僕以外の2人はイギリスにいたことがあるので、この店を選んだという。残念ながらビールは日本のものばかり、大阪箕面クラフトビールにした。

 

    f:id:nicky-akira:20190727102544j:plain

 

 シーザーズサラダと生ハムでスタートして、ビールの次は白ワイン。仕事の話もするのだが、話題の多くは「イギリスの食べ物」。僕の印象ではローストビーフはいいとして、あとはあまり美味しいものには遭遇しなかった。でもこの2人「美味しいものありますよ」というし、現になんでも美味しそうに食べる。で、メインディッシュは・・・「Fish & Chips」だった。

 

   f:id:nicky-akira:20190727102941j:plain

 

 白ワインが空いたのでどうしましょうかと聞かれ、「ハイボールにしよう」と言った。かの有名な「Fish & Chips」に合うワインを探すのは難しい。ものすごく身の厚い魚である。最初に見たときチキンの丸揚げかと思ったくらいに大きい。切り分けてもらって食べてみると、どうもタラのようだ。

 

 半分くらいのテーブルでこのお皿を注文しているようだから、やはりこれが看板メニュー。お値段は(端とは言え)銀座にしては安めなので、人気は高いようだ。それでもこれがメインとは、いったいどういう駐在生活を送ったのだろうかと、少々気の毒になった。最後に「〆のご飯」代わり頼んでくれたのがイカフリット。これでハイボールが進んでしまい、結局3杯飲んだ。

 

 面白い店だとは思いながら、ちょっと何かが欠けていた。まあイギリス気分に浸るには、いいお店なのでしょう。

イスタンブールを食べる

 まる2日間の会議も終わり、あとは無事に帰るだけ・・・と思っていたら、現地の支店の人がディナーのレストランを予約してありますと言ってくれた。フライトは翌未明の2時前だから、変則的だが今夜の22時にチェックアウトして空港までの車に乗るつもりだった。機上で「空飛ぶシェフ」の料理でも食べればいいやと思っていたのだが、お誘いがありがたかったので一緒に出掛けた。

 

 一昨日の到着も深夜だったし、まる2日の会議も同じホテルだったからイスタンブールの市街は眺めただけ。ボスポラス海峡沿いのレストランに出かける15分ほどの行程で、初めて街並みを見ることができた。坂の多い街で、繁華街のネオンなどはアジアの都市のそれと大きな違いはない。狭い路地に入って車から降りると、目の前が海峡だった。

    f:id:nicky-akira:20190809180159j:plain

 

 現地の支店の人、中東各国からこの会議に来た人、僕らのように東京から来た人・・・共通点はこの会社に勤めていることだけだ。手を伸ばせば海水に触れられそうなテーブルに案内されて、まずはトルコビールで乾杯。ややぬるめだが、香りはいい。

 

 前菜は、いろいろなものをまとめて頼んでもらった。貝類やイカ・タコ、色とりどりの野菜が出てきて、僕は主にイカと野菜の天ぷら風を取り皿にとった。海峡をさまざまな船が往来する。貨物船も、クルーザーも・・・へさきにウェディング姿の男女を乗せた船が、船内から響く祝福の歓声とともに通り過ぎた。いつも間にか手元のグラスは白ワインのそれに代わっている。

 

        f:id:nicky-akira:20190809181239j:plain

 

 19時から始めたディナーだが、日の沈むのが遅いここではメイン料理と赤ワインになってもまだ明るい。僕が頼んだのは、牛肉の煮込み料理。一本だけ添えられた根っこ付きの万能ネギがアクセントだ。昨日のテラスでのパーティでは白ワインばかり飲んでいたので、赤ワインを飲みたくて牛肉にしてみた。前菜のイカ(カラマリ)や野菜の天ぷらは美味しかったのだが、牛の煮込みはパサパサしていてちょっと残念。それでも香り高いワインと食べるとなかなか宜しい。

 

 骨付きの牛肉は全部食べ切れなかったのだけれど、ワインだけはしっかり飲みましたよ。さてホテルまで戻ってゆっくり着替えて、チェックアウトしましょう。帰り道も遠いですから。