Cyber NINJA、只今参上

デジタル社会の世相をNINJAの視点で紐解きます。

軍事史への招待

STOVL機ゆえの奇襲戦術

米国産ながら、日本を始め多くの国の軍隊が採用しつつある最新鋭戦闘機F-35。そのBタイプは、短距離離陸・垂直着陸が可能なSTOVL機である。海上自衛隊は、ヘリコプター搭載揚陸強襲艦「いずも」「かが」などを空母化して、この機体を搭載するように改装する…

ウクライナ分割の陰謀?

ウクライナ戦線は膠着状態、ロシア側も必死に集めた武器弾薬・兵員で攻勢をかけているが、さほど大きな前進をしている様子はない。一方のウクライナ軍も、弾薬が枯渇しかかっているし、兵員も十分ではない。電撃戦はもちろん、攻勢に出ることも難しい。西側…

護衛艦「さざなみ」の無事を祈る

今月、海上自衛隊の汎用護衛艦「さざなみ」が、ソマリア沖アデン湾での海賊対処任務に派遣された。今回が第47次の派遣で「さざなみ」にとっては、2009年の第1次以降5度目の派遣になる。第一次当時は新鋭艦(2005年就役)だったが、今や20年近いベテラン。 …

「怒り狂った」実験艦の宿命

1年余り前、この船が日本に寄港し訓練とも作戦行動ともつかない動きを見せた時、北朝鮮の金総書記は震え上がったとも言われる。駆逐艦とはいえ排水量15,000トンほどもあるのに、レーダー上は小さな漁船にしか見えない最新のステルス性能を持っている「ズム…

早期警戒管制機(AWACS)撃墜さる!

米国はじめ各国からの支援が細り、あるいは約束が守られず、ウクライナ軍の兵器・兵站は危うい状態になっている。今月初め上川外相がウクライナのクレバ外相と会談し、50億円あまりの援助(*1)を約束した。申し訳ないくらいの規模だが、日本国内では「能登…

安倍元総理暗殺事件を振り返る

昨年末、自民党安倍派・二階派の裏金パーティ&キックバック疑惑が政界を揺るがせた。国民の負担増を強いておきながら、自分たちは裏金作りに精を出していたと多くのメディアや国民が怒った。ただ、その裏金が何に使われたかがより大きな問題で、選挙の買収…

科学者稼業も命がけ

ウクライナ戦線は膠着状態、最大の支援国米国の国内問題で、武器や資金の支援が枯渇しようとしている。欧州各国も移民問題などで揺れ、ウクライナへの関心は薄れつつある。来年は米国大統領選挙もあるし、6月には欧州議会選挙もある。各国共、内政がより重…

ククリナイフの遣い手、参戦

「うわ、やはりいたか」というのが、このニュースを聞いた第一印象。一昨日、ウクライナ・ロシアのどちらも兵力不足に悩んでいる(*1)ことを紹介したが、やはりロシアも国外の義勇兵/傭兵は使っていたのだ。 ネパールから200人入隊か ロシア軍に、6人…

こちらも悲惨な我慢比べ

先週、ようやくガザ紛争の出口が見えてきた。ネタニヤフ首相は「ハマスを根絶」と戦いの目標を挙げていたが、ハマスは人でも組織でもなく思想なので、根絶は無理。戦いは延々続くと思われていた。しかしここにきて「ガザ地区トップのヤヒヤ・シンワル指導者…

命の比率、1対3or10

ガザの戦闘は、一時休止(Pause)も7日間で終わってしまった。人道物資の搬入も、十分に行われない中での戦闘再開である。米国さえもイスラエルを止められない中で、パレスチナ人200万人余の命を救うことができるのは、今やエジプトしかない。岸田首相がCOP…

支援のない闘いは果てしなく

軍事行動を続けるイスラエルには、米国が積極的に支援している。ハマスやヒズボラにはイランの支援があると伝えられる。ロシア軍と暗闘を続けるウクライナには欧米(ちょっと米国が心配だが)の支援がある。まだ銃火が交わされていない台湾にも、米国の支援…

自衛隊のレールガン研究

防衛費をGDP比2%まで引き上げるとの方針が決まって、これまでなおざりにされてきた自衛隊員の待遇改善や継戦能力向上が期待される。もちろん、サイバー戦能力の向上もである。これまで(見かけの)正面装備ばかりが目立ったのだが、基礎体力である人材育成…

原子力推進巡航ミサイルの意味

容易には崩れそうもないが、ロシア軍の苦境はある程度伝わってくる。もちろんウクライナへの最大の支援国米国も、内政の混乱や中東危機で十分な軍事支援が出来なくなるかもしれないので、まあお互い様ともいえる。 先日、プーチン大統領が北朝鮮の金総書記を…

兵器としての哺乳類

東欧だけでなく中東にも戦禍が広がっていて、世界最大の兵器供給国米国では、ある種の「二正面作戦」を強いられるようになった。この上極東で第三戦線でも勃発したりすると・・・というようなことが無いよう祈るばかりである。 是非はともかく、有事になると兵…

苦境のイスラエルに思わぬ援軍

確かに戦端はハマスが開いたのだが、1,400人の犠牲と200人余の人質を獲られたネタニヤフ政権のガザ地区への猛攻は、国際社会の非難を浴びている。昨日紹介した過去のある国ドイツはまだイスラエル支持だが、やはりユダヤ人迫害(*1)をした国フランスのマク…

3つ目の紛争はこの海から?

台湾有事は、中国の人民解放軍創立100周年にあたる2027年に起きるとの説がある。米国が事実上東欧と中東の二正面作戦を強いられ、議会の混乱もあってどちらへの支援も十分できない現状を見れば、習大人が決起するとしたら今かもしれない。 ただ米国が三正面…

ウラジオストク港の意義

自ら仕掛け、泥沼化したウクライナ戦争で、ロシアは相当苦しい状況に置かれているようだ。極東でも、北朝鮮からの支援を求めるだけでなく、中国にも譲歩して協力を求めているとの記事があった。 メディアが騒ぎ立てる「中国が165年ぶりにウラジオストク奪還…

自衛官のリスキリング

自衛隊のドクトリンが「北海道の原野でソ連軍の電撃戦を阻止する」から「南西諸島への中国軍の侵攻を阻む」に代わっているのだが、頭は変わっても体が付いてこない状態だった。こういうトランスフォーメーションには時間がかかるし、予算の方も柔軟性に欠け…

アウディイウカの激戦

すっかりガザ地区の紛争(イスラエル軍の特別軍事作戦!)に目を奪われて、ウクライナ戦線の情報が少なくなっている。攻勢に出ているはずのウクライナ軍だが、主目標のトクマク正面の攻防戦の情報は、まるきりない。ATACMSなど長距離兵器は確かに活躍してい…

ガザの病院爆発!事態は揺れ動く

紛争を続けていれば、間違いなく悲劇は起きる。今回は、ある意味最悪のタイミングでそれ(*1)が起きた。ガザにある病院で大規模な爆発が起きて、500人以上の犠牲者が出た。 ガザの病院に空爆 500人以上死亡 - Yahoo!ニュース ハマスはイスラエル軍の(意図…

待ち受けるハマスの地下要塞

ガザ地区を完全に包囲したネタニヤフ政権、ハマスを壊滅させるまで闘うとして、一昨日挙国一致内閣の初会合を開いた。全国民の名にかけて、ハマスを根絶やしにする覚悟である。主力である地上軍も配置に着き、いつでも侵攻を開始できる。すでに威力偵察目的…

粘着榴弾の効果について

廃棄が決まっている陸上自衛隊の74式戦車、開発当時は油圧懸架装置(*1)など斬新な機構を盛り込んだ意欲作だった。それらの機能も、今回ウクライナに供与・・・ではなくウクライナの地で廃棄でもなければ、実戦で使用されずに終わってしまう。実は、油圧懸架装…

ロシア期待の「第二戦線」

WWⅡが欧州を覆い尽くしていた1943年、英米からの物資援助で息を吹き返していたソ連軍だが、まだドイツ軍を打倒できるところまでの戦力はなかった。スターリンは英米に対し、早期の第二戦線開戦を訴えた。ナチスドイツの圧力を独力で支えるのは限界だという主…

勇気は必要ない・・・

ウクライナの反転攻勢に関する映像が、連日BSニュースで流れてくる。欧州各国のメディアが前線に近いところに出ているようだし、ウクライナ軍自体が映像を撮ってメディアに流したり、直接SNSで公開している。さすがに撃ち倒されるシーン(例:ロバート・キャ…

「忘れられれば撃破されよう」

これは、北アフリカ戦線で闘うロンメル将軍がメディアに語った言葉と伝えられる。本来ソ連戦線に回したい資源をアフリカに回してもらうには、ドイツ市民に注目されていないといけないという意味だ。そのため、ロンメルはメディアを巧みに利用してヒトラーだ…

攻撃できなければ防御できない?

サイバー空間には「Law & Order」は、ほとんど存在しない。ウクライナ紛争のようにはっきりしたものでなくても、いろいろな国の政府機関や重要インフラ企業は、常時リスクに晒されている。7月にも名古屋港が攻撃され、一時的とはいえ港湾機能が停止している…

原子力潜水艦のコスパ

北朝鮮は今年、建国75周年を迎えている。市民は飢餓状態にあるとも伝えられる中で、軍事パレードや「衛星」打ち上げなど勇ましいことが目立つ。先週は核兵器搭載の攻撃型潜水艦を進水させている。 北朝鮮、「戦術核攻撃潜水艦」を進水 式典で正恩氏が演説 - …

高価な兵器は駆逐される

改めて、ロシア・ウクライナ戦争は「ドローンの戦争」と歴史家が銘打つだろうと感じた。連日のようにモスクワの中心地、クレムリン周辺を襲うウクライナ軍(もしくは自由ロシア軍)のドローン攻撃に加え、ロシアの黒海沿岸の港湾ノボロシースクでのロシア揚…

乾坤一擲!ロシア軍の電撃戦

寝苦しい夜だった。僕は分厚い軍事スリラーを100ページほど読み、眠気が来たので電気を消した。そして、夢を見た。 *** 以下 夢の中で・・・ GRU出身のロシア軍参謀A将軍は、膠着した戦線を劇的に変えてしまう作戦を立案した。ウクライナ軍が東部、南部で攻…

ディエップ上陸作戦

先週、24日はロシアのウクライナ侵攻からちょうど1年半。また、旧ソ連からウクライナが独立した記念日でもあった。ロシアとウクライナの関係については、何度か紹介してきたように、血みどろの歴史がある。20世紀になってからも、 ・1932年、スターリンがウ…