Cyber NINJA、只今参上

デジタル社会の世相をNINJAの視点で紐解きます。

日本でも進む「分断」

 昨日、米国は「新南北戦争」に陥るかもしれないという悲観的な予想を述べた。先日の大統領選挙のTV討論会も、両候補が別々のTVチャンネルで有権者に語り掛けるという異例のものになった。トランプ先生が「COVID-19」に感染してしまったことも理由の一つだが、最初のTV討論会もまともな論戦ではなかったから仕方ないのかもしれない。ある米国の有識者が米国の分断状況を嘆いていて、

 

・両陣営支持者では、情報も完全に分断されている。

・新聞も違う、TVチャンネルも違う、観ているサイトも違う。

・だからどちらかが嘘を言っても、支持層はそれを疑わず、チェックもしない。

 

 という。冷戦時代「鉄のカーテン」があって、両陣営が同じ事件に対しても違う発表をし、相互にチェックもしなかったことを思い出す。昨今では中国の「Great Fire Wall」が、かの国に別のインターネット世界を作ってしまったのも同じ話だ。そんな思いをしていたら、日本でも「分断」が起きているのではないかと疑わせる記事に出くわした。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/c9e7b7cd8525121c85d5893849f4d94089e617f9

 

        f:id:nicky-akira:20201018182715j:plain

 

 僕は民放TVはあまり見ないので、この番組「日曜報道 The Prime」は知らないが、この記事で取り上げられている「日本学術会議の軍事研究阻止の姿勢」には、ここに登場する人たち同様困ったことだと思っている。放送の中で「軍事研究推進賛成が88%」というアンケート結果が示され、これに対して元大阪市長の橋下氏が、「サンデーモーニングだったら真逆の結果になったろう」とコメントしている。

 

 日曜朝の「サンデーモーニング」は、僕が見る珍しい民放番組。主義主張は僕の物とは違うし、司会者が独善的・スポーツコメンテータはもっと独善的で「喝」ものだという批判も理解している。確かにその番組に登場する人たちや特にジャーナリストのコメンテータの主張は、政権批判も度が過ぎていると思う。

 

 僕はそういう主張を聞いて勉強しているのだが、多分聞きたくもないとチャンネルを合わせない人も多いだろう。これは日本でも「分断」が進んでいるのではと思わせる。本来メディアは政治的に中立であってほしいのですが、それでは視聴率が取れないから傾きを持ち、傾斜をどんどん高めているのではないでしょうか。