Cyber NINJA、只今参上

デジタル社会の世相をNINJAの視点で紐解きます。

「手羽喰いにいこうぜ」のお店(後編)

 懐かしさ一杯だけれど、このお店に一人で入るのは初めてのこと。奥の部屋に案内されると、テーブル席20人弱のスペース。恰幅のいいおじさんが一人で座り、若い4人のグループがジョッキを挙げていて、その間の空いている2人席に座った。メニューを眺めてお値段を見たのだが、20年前からそれほど値上がりはしていないように思う。まず生ビールを頼み、

 

・たこわさ

手羽先唐揚げ(5本)

・味噌串カツ(2本)

 

 を注文した。すぐにビールとお通し(ほうれん草とシラスの和え物)がやってきて、続いてたこわさが来た。これでまずは一口・・・。

 

        

 

 昔なら揚げ物が来る前に、ビールの一杯目は飲み干してしまうのだが、ここはぐっと我慢。ほうれん草とシラスをつまみながら、揚げ物が来るのを待った。隣で呑んでいたおじさんは、店員を呼び「手羽先1人前と焼きおにぎり2個を、持ち帰りで」と注文した。ずいぶん出来上がているようだったが、帰ってからもまだ吞むつもりだろうか。

 

    

 

 想定より早く、5分ほどで串カツ、続いて(待望の)手羽先がやってきた。表面にたっぷりのコショウとゴマが振りかけてあって、強烈なアクセントになっている。手羽先には2本の骨が通っていて、両端に軟骨がある。テーブル上に「手羽先の美味しい食べ方ガイド」があるが、20年やそこらで忘れるものではない。身の部分はもちろん、軟骨まで綺麗に食べた。そうそうドイツ人に喰わせたら、骨までガリガリかじり全部食べようとしたっけ。鶏の骨は縦に割けるので、食道に刺さる危険性がある。主骨は食べない方が宜しい。

 

 ビールが空いたので、日本酒(辛丹波)を常温で注文。昔ながらの白い徳利と猪口を持ってきてくれた。このチェーンに通い始めたころは、ビールの後は日本酒。冷酒の時が多いが、まれには熱燗を頼んでいた。懐かしくいただいているうちに、きれいさっぱり無くなってしまった。お会計は3,500円ほど。昔より飲食の量は減っているが、値ごろ感は同じくらい。やっぱり値上がりしているのだろう。

 

 幸せな気分でお金を払い「20年振りだけど、美味しさは変わらないね」と、言わずもがなのことまでしゃべってしまった。店員さんの多くは、そんなころにはまだよちよち歩きだったろうに。

 

 さて、まだ来月も名古屋に来る用事は2件あります。今度は「懐かしい何?」を食べましょうかね。