Cyber NINJA、只今参上

デジタル社会の世相をNINJAの視点で紐解きます。

官邸下の食事所

 この日は溜池山王駅に近い、政府関係機関に呼ばれた。問題はその前後に東京駅周辺で会合があること。地下鉄を使って東京・溜池山王駅間を迅速に往復する必要がある。どこで昼食を食べるか迷った末、政府機関を出て東京駅に戻る時に、15分ある隙間を使うことにした。

 
 このあたり、地下に入ればいろいろお店はあるのだが、地上にはあまり候補になるランチの店がない。支那麺「はしご」というラーメン屋と、「CoCo壱番屋」があるだけだ。東日本大震災から福島第一原発事故発生直後の首相官邸にいた人の話を聞いたことがあるが、ずっと官邸に詰めていて食事にいくところはこの2軒ばかりだったという。当分、ラーメンとカレーは見たくもなかったらしい。
 
 ラーメンはともかく、僕は「CoCo壱」のカレーは大好き。今日はここでランチにしたい。ただ問題は、時間が15分しかないこと。お腹は空いているし、十分食べる時間があるだろうか?これまでの経験だと、揚げ物をトッピングにすると調理時間がかかることが分かっている。かといって、野菜だけカレーでは午後の力が出ない。飛び込んで注文したのは、「ハンバーグカレー」。

    f:id:nicky-akira:20190506090307p:plain

 
 カウンターの端に座って気をもんでいると、ラッキーなことに2~3分くらいで運んできてくれた。これが、「ハンバーグカレー、400g」である。今回は、「1カラ」にはしなかった。ご飯を増量してもらったので、ルーを少なめにからめて食べ始める。途中ハンバーグをスプーンで削り取るようにして、少しづつ食べた。肉汁たっぷりとはいかないが、かみしめるとうまみが出る。このうまみを殺さないように、「1カラ」にしなかったのだが、うまくいったかもしれない。
 
 店に入ってから会計まで、ぴったり15分で済ますことができた。もちろん美味しかったし、時間に追われながらもたっぷり食べられた。それにしてもこのあたりを「ホスピタリティの低いところ」と言った友人がいましたが、今回それを実感しました。