Cyber NINJA、只今参上

デジタル社会の世相をNINJAの視点で紐解きます。

ボリュームランチ(ヒレカツ定食)

 休日は大体2食/日だし、Week Dayでもなるべく昼食は軽くしようと思っている。このところ海外出張が減っているせいだろうか、それでも体重はあるラインを下回ってくれない。逆にあるラインを越えることがないのは、毎週のように「英語ダイエット」の場面がめぐって来るから。

 

 今日は朝ご飯も軽くしていたし、もう午後2時を回っている。今日くらいは「ボリュームランチ」にしたいなと思って、新橋駅前までやってきた。ここは外食チェーンのメッカのようなところだ。日本の外食チェーンは、どうしてこんなに安くて美味いのか外国人は驚くという。

 

https://president.jp/articles/-/32619

 

        f:id:nicky-akira:20200205220943j:plain

 

 しかしチェーン各社は激戦の真っ最中、外食産業全体としてはパイは決まっているし外国人のほめてもらったからといって気は抜けない。味はもちろんだが、お客様の目を惹く「何か」は必要だ。一番簡単なのは値下げだが、これはもろ刃の剣。そこで、お得なように見えて、売り上げにダメージの少ない戦術が求められる。

 

 この日の「かつや」は、期間限定で限定メニューの値引きキャンペーンをうっていた。いずれも税ぬきでロースカツ定食(690円)、ヒレカツ定食(790円)を、150円引きますという。ただこれにはワナがあって、このチェーンが配布している100円引きの割引券は使えない。この割引券、1ヵ月ちょっとの期限はあるものの毎回くれるので、リピーターは常時100円引きで食べられる。つまり、今回の特別割引は50円分だということになる。

 

    f:id:nicky-akira:20200205221411j:plain

 

 店の前にも店内にも、テーブル上のメニュー受けにも「とってもお得、150円引き」と大書してある。なかなかうまい宣伝戦術として評価できたので、今日はヒレカツ定食をいただくことにする。

 

 今は野菜全般がとても安く、大量にキャベツを消費するこのチェーンでは原価的に楽だと思う。まあトンコレラなどで肝心の豚肉が高騰していたとしたら逆だが。トン汁もいつも通りぬるめで、僕は猫舌なのでありがたい。3枚ある厚めのヒレカツにはトンカツソースを少々かけて、少しづつかじった。上記の記事ではないが、十分満足できるお味である。

 

 お会計は704円で、ちょうど財布の中の1円玉4個を始末できました。この種のキャンペーン、お得には違いないので1回/月くらいはこのチェーンにもお世話になることにしましょう。