Cyber NINJA、只今参上

デジタル社会の世相をNINJAの視点で紐解きます。

吉野家HDの株主優待券

 11月になった。何が起きるかと言うと、いくつかの株主優待が届く月だ。アトムの20,000ポイントは、黒毛和牛しゃぶしゃぶ肉1,250gに化ける予定なので心待ちにしている。逆に「来てしまうな~」と嬉しさ半分なのが吉野家HDの優待券。5月と11月に300円×10枚送ってきてくれる。実は昨年の11月に送ってもらったのが、4月になっても残っていた。

 

https://nicky-akira.hatenablog.com/entry/2020/04/17/060000

 

 その後もテレワーク生活に入ってしまったので、ますます優待券を使う機会が減った。先月「鰹節オクラ定食」で2枚づつ2度使って少し減らしたのだが、まだ財布には5枚残っていた。もう必要ないからHDの株は売ってしまおうかと思ったのだが、10%の店舗を占めたり50憶円以上の赤字を計上するものだから株価が安い。「COVID-19」以前には3,000円ほどあった株価は、今や2,000円に届かない。まあ優待券くらい貰っておこうかと思うのが、普通ではなかろうか。

 

    f:id:nicky-akira:20201023212258j:plain

 

 一度休日のBook-off巡りで、小田原駅近くの店舗で「牛丼・並」を食べ1枚使えた。このお店では、やはり牛丼が一番おいしい。いろいろなメニューを展開することで業績が傾いたと見る評論家も多く、原点回帰で牛丼1本にしぼるべきとの意見も少なくない。僕も(株主として)賛成である。

 

 この日は、御成門で長い会議をして新橋まで戻ってきた。まだ18時前、ちょっと早いが陽の短い晩秋ゆえもう暗い。禁酒日としようと思いディナーの店を探していて、吉野家を見つけた。しかし、夏限定の「鰹節オクラ定食」はもうない。牛丼では味噌汁&サラダなどのセットにしても、600円は越えない。

 

    f:id:nicky-akira:20201023213518j:plain

 

 とりあえず店に入ったが、メニューには迷った。するとカウンターの反対側で酒を飲んで牛丼を食べた爺さんが会計に立ち上がり、優待券を出した。曰く「俺は株主だ。株価が下がって困っている。頑張ってくれないと」などと偉そうにいう。同じ株主優待券利用者として恥ずかしくなった。

 

 選んだのは鮭・牛皿定食。ここのサーモンは昔朝食でよく食べた懐かしいものだ。牛皿も付いているので、まずまず満足できる禁酒日のディナーになった。600円を越えていたので優待券も2枚使えました。残りはあと2枚、また来ますよ。