Cyber NINJA、只今参上

デジタル社会の世相をNINJAの視点で紐解きます。

「Go To」値引きの秘密

 お盆休みも終わり、本当なら仕事に邁進・・・しなくてはいけないのだが、暑さもあり休み癖も付いてしまって力がわいてこない。こういう時は焦らずリラックスするのがいいと(勝手に)思う。一番いいのは、旅行に出かけること。しかし県境をまたぐなとか、感染者の多い地域には特に慎重に、などと言われるものだから難しくなっている。

 

 ならばと家内と考えたのは、「Discover 静岡」でもやるかということ。二人ともこの地域の生まれではないし、行ってみたいところもいくつかある。6月に函館に行って現地の美味しいお魚を堪能したので、清水港や焼津港のお魚を現地で食べるのがいいだろうと話し合った。

 

        f:id:nicky-akira:20200727203009j:plain

 

 新幹線なら、熱海~静岡間は1時間もかからない。静岡市内にホテルをとって2泊くらいし、街中で美味しそうな店を探そう、昼間は観光地もいいねとプランが決まっていく。そこで出てきた話が「Go To Travel」で35%割引になるんだよねということ。ただ僕のいつものやり方、Booking.comで宿を手配し交通手段も勝手に予約というのでは、割引なのか還付なのか何らかの手続きが必要なはず。割引対象の旅館かどうかも、手配時点ではわからないこともあると聞いていた。

 

 そうではなく、旅行社などで手配すれば仮に事後申請にしても旅行社でやってくれるはず。面倒がないならと、国内旅行では本当に久し振りだが旅行社に出かけてみた。熱海駅ビルには、JTBが支店を出している。まずは店舗の外にある「伊豆」のカタログを手に取った。これには静岡県内の、焼津・日本平・三保松原などもメニューに入っている。

 

    f:id:nicky-akira:20200727203700j:plain

 

 良さそうな旅館・ホテルが並んでいるのだが、驚いたのはそのお値段。僕らが最近使っているコンドミニアムなどと比べると、倍半分違う。あらかじめBookin.comで調べておいた有名旅館も載っていて、比較してみると・・・少なくとも3~4割は高い印象。

 

 お部屋の条件などが違うのだろうが、どうしてこんなに違うのだろうかと悩んだ。旅行社経由なので、数%高いというのは分かる。それにしてはこの差は大き過ぎる。ちょっと待てよ、これなら「Go To」使わなくても個人手配で同じくらいの支出で旅行に行けるのではないか?結局これって「Go To 旅行社 Campaign」だったのねと改めて思った。ますます筋悪、僕はやっぱり使いませんよ。