Cyber NINJA、只今参上

デジタル社会の世相をNINJAの視点で紐解きます。

1年振りの「台湾菜館」

 昨年の今頃自民党本部の会合に呼ばれて、朝早い会合だったので「平河町のAPAホテル」に前泊した。昨年の秋から、秋葉原駅が便利で駅前の「ワシントンホテル」を定宿にしていたのだが、新年度になってからの会合は霞ヶ関・永田町近辺が多い。そこで、以前から会員になっているAPAチェーンを見直してみることにした。

 

 一番霞ヶ関・永田町に行きやすい宿は西新橋のAPA、何度も泊ったことがある。新橋駅前には安くて美味しいお店も多いし、何かと便利だ。ただ最近割合料金が高いことを、Booking.comで調べて知った。やはり慣れた場所で新しくもある大森駅前のAPAは、ちょっと距離がある。

 

    f:id:nicky-akira:20220417111139j:plain

 

 そこで、1年前利用した平河町もAPAを思い出した。この日は少し遅くまで都内で会合をしたので、このホテルを予約しておいた。小雨の降る中、東京メトロ半蔵門駅を降りて地上に出た。ホテルまで3ブロックほど、歩いてチェックイン。荷物を置いて夕食に出た。1年前も、ホテルに近いビルの2階にある「台湾菜館」で1,080円のちょい呑みセットを食べた。

 

平河町のAPAホテル - Cyber NINJA、只今参上 (hatenablog.com)

 

 確か腸詰が美味しかったなと思いながら、階段を登った。テーブルが6~7ほどのお店。昨年はガラガラだったが、今回は空いているテーブルは一つだけ。2~3人でビールなどあおっている。食べ放題・飲み放題メニュー(2人以上3,980円/人)を注文している人たちが多いようだ。次々に注文の声が挙がる。

 

    f:id:nicky-akira:20220417112023j:plain

 

 今回はちょい呑みセットより少ししっかり食べたい気分だったので、単品メニューを選んだ。まずはなつかしい腸詰(550円)、レモンサワー(450円)といただく。きざみネギを敷いた上に並んだ腸詰、上にコリアンダーの葉がかけてある。タレはちょっと辛目の中華風醤油。柔らかな食感と甘さを感じる腸詰は、変わらぬ味。

 

        f:id:nicky-akira:20220417112602j:plain

 

 そして食事として、焼きビーフン(750円)を注文。キャベツ・ニンジン・モヤシ・シイタケなどに豚肉の細切りが入っていた。ぞんざいに盛ってあるが、さっぱりした美味。ペロリと平らげてしまった。

 

 今夜は、氷が一杯のレモンサワー1カップで十分でした。これから平河町のAPAホテルには、何度もお世話になるでしょう。台湾菜館さんにも、よろしくお願いしますね。