Cyber NINJA、只今参上

デジタル社会の世相をNINJAの視点で紐解きます。

桜エビかき揚げそば(三島駅)

 どんよりとした空の下、新舞子の駅まで戻ってきて列車を待つ。友人の別荘で同級生12人の大宴会をやり、遠路の4人だけは宿泊して目覚めたのが朝の6時。別荘の主人が朝食をというのを振り切るように、帰路に就いた。12時ちかくまで呑んでいたし、12時間近く呑んでいたので、正直まっとうな心身の状態ではない。

 

 往路と同じ、名古屋鉄道豊橋まで行く。うまい具合に神宮前(と言う駅)から豊橋行きの急行を捉まえることができた。まだ8時半と言うのに結構混んでいる。スポーツ新聞を持った、オヤジが目立つ。アナウンスがあって「競馬開催日なので、中京競馬場前に臨時停車します」という。なるほど、その駅で大半の乗客が下りた。

 

 豊橋で朝食でもと思ったのだが、レストランは11時開店。仕方ないので在来線で浜松経由掛川に向かった。掛川でなにかたべようとしたのだが、付近でコンサートあるようでものすごい(GALの)混みよう。レストランも満席だ。そこでここからは新幹線に乗ることにした。乗ってから気付いたのだが、このままいくと12時ころに熱海駅についてしまう。休日の12時の熱海駅なんてレストランは空いているはずがない。

 

 列車に揺られているうちに、思いついたことがある。こだま号(掛川・熱海間ならひかりは止まらない)は各駅で比較的長く止まる。特に三島駅は2本は待ち合わせをする。確か駅そば店もあったはず。そこで・・・。

 

    f:id:nicky-akira:20190714211405j:plain

 

 停車早々慌てて降りて、駅そば店に飛び込んだ。目についたメニューは2つ。桜エビのかき揚げとシラスのかき揚げの蕎麦/うどん。選んだのは「桜エビのかき揚げ蕎麦」(520円)。麺は蕎麦にしては太めでいい歯ごたえ。かき揚げはちょっとべったりしていたが、なにしろ桜エビである。

 

 たった6分だったけど、いいランチになりました。そばつよまでしっかり飲んで、ごちそうさまでした。これで家に帰れますよ。