Cyber NINJA、只今参上

デジタル社会の世相をNINJAの視点で紐解きます。

「はし本」のうなぎ

 ある会社の幹部と打ち合わせしなくてはいけないことがあり、お忙しい方なので昼食をとりながらということになった。これまでも何度かごちそうになっていて、そのたびに工夫のあるランチを出していただけるのがうれしい。

 
 幹部とその来客、会議メンバー用にシェフがいるとのことで、いろいろリクエストできるらしい。前回は、ビーフカツカレーをいただいたのだが、並みのビーフカツではない。しゃぶしゃぶ用牛肉を何枚か重ねて揚げたミルフィーユ調のカツレツである。ウィーンの名物シュニッツェルに似ているが、しゃぶしゃぶ用(多分和牛)というのがすごい。

    f:id:nicky-akira:20190519062510p:plain

 まあそれに釣られて、僕で出来ることならやらせてもらおうと素直に思ってしまう。で、今回いただいたのは「はし本のうな重」。前菜のサラダをいただいている間も、左下の紙包みに入っている山椒の香りが感じられる。続いて運ばれてきたのが、肝吸いとうなぎ一匹を丸々乗せたうな重
 
 本格的な打ち合わせは食後になるのだが、前回からの進捗や環境の変化など話しながら少しづつ食べる。ふっくら焼き上がったウナギの食感は本当に久しぶりだなと思う。たれは少し薄味に思えたが、あまりこってりしたものは好きでないのでOK。付いている追加のたれを少し加えると、味がしっかりしてくる。味の変化も楽しめるというわけだ。
 
 この器、実は発泡スチロールである。高級な料理に似合わないようにも思ったのだが、この方が保温性がいいのだろう。うなぎはあったかさが命ですからね・・・ごちそうさまでした。