Cyber NINJA、只今参上

デジタル社会の世相をNINJAの視点で紐解きます。

揚げたての「かき揚げ冷やし蕎麦」

 大体1日/週の東京出勤、いつもは朝早く来てなるべく早く帰るのだが、今日はちょっと勝手が違う。夕方イベントの録画撮りがあるので、帰りは遅くなりそうだ・・・とはいえ普通に出勤していたころならこのくらいの「残業」は当たり前だった。このくらいで「遅い」とは情けない。

 

 ゆっくり家を出てきて午前中レポートを少し書いて、午後になって少しお腹がすいてきた。東京駅周辺の人出も確かに増えてはいるが、「昼食難民」のような雰囲気はないのでランチを食べようと腰を上げた。後で聞くと、品川以南の事業所周辺では通常の8割くらいは通勤客が戻ってきているらしい。うーん、日本人は勤勉だ。

 

    f:id:nicky-akira:20200609220230j:plain

 

 丸の内側のお店は「自粛」の初期に結構通ったので、足は自然と八重洲側に向く。あまり重いものはイベントを控えていて良くないし、そんなにゆっくり八重洲地下を歩き回る時間もない。思い出したのは、八重洲北口すぐの地下街にある「越後そば」。緊急事態宣言時代に一度来たのだが、このエリア全体が閉まっていた。

 

 今日は人通りこそ少ないが、もう閉めているお店はない。安心して食券自販機に向かい、暑さもあって「かき揚げ冷やし蕎麦」(540円)の食券を買う。すると、

 

かき揚げは揚げたてをお持ちします。席でお待ちください」

 

 とのこと。客も席も減っているのに、調理場にはいつも通り2人。手間をかけてもらって申し訳ないなあと思う。僕の後に来た人も、水のカップだけ持って席にやってくる。立ち食い蕎麦のお店としては異例のサービスだ。

 

    f:id:nicky-akira:20200609220912j:plain

 

 かけ蕎麦を買った客は、カウンターで蕎麦をもらって自分で席へ運んでいる。そのうちに僕の食事が運ばれてきた。以前食べたものとよく似ているのだが、記憶と違うのはかき揚げが熱いこと。冷やし蕎麦にもかかわらず、揚げたての天ぷらはこんなに違うのかと驚いた。隣の客にもじきに「かき揚げ丼ともり蕎麦」が運ばれてきた。

 

 以前もこの店のかき揚げには好印象を持っていたのだが、揚げたてだとそれが一段と感じる。ふのり入りの香りのある蕎麦と一緒に、すぐ食べてしまった。いやこれは感激しましたね。夕方のイベントに向けて、気合が入りましたよ。ごちそうさまでした。