Cyber NINJA、只今参上

デジタル社会の世相をNINJAの視点で紐解きます。

「とと丸」のテイクアウト

 まだまだ観光客の戻りは十分ではないが、熱海の街が平常に戻りつつある。ホテルの営業も始まっていて、各店舗もシャッターを開けて営業し始めた。まだテイクアウトのみという店もあるが、徐々に賑わいも増していくだろう。ゴールデンウィークにはその言葉が空虚に聞こえたが、駅ビル「ラスカ」では多くの店舗が閉めていて通り抜けすらできなかった。その一角で「村の駅」という地元産品を売る店と「成城石井」だけは営業していた。いずれも売り上げは芳しくなかったろう、値引き商品がよく出ていた。

 

 特に「村の駅」では、閉店1時間くらい前になるとテイクアウトのお寿司・炒飯などのご飯類・焼売などのお惣菜が半額になる。何度もお世話になったものだった。

 

https://nicky-akira.hatenablog.com/entry/2020/05/07/140000

 

 そのテイクアウトコーナーが、6月に入って一新されていた。ご飯類・お惣菜が減って、お寿司はとても豪華なものに代わっていた。冷蔵のケースもリニューアルされていて「とと丸」と書いてある。「ここはうまい魚が集まる丼屋」と銘打っていて、ここの商品にも手書きの宣伝文句が添えてある。

 

    f:id:nicky-akira:20200606080241j:plain

 

 例えば大ぶりの巻き寿司の上にネギトロをたっぷり乗せた「のっけ寿司」や、「サーモンといくら丼」などとても美味しそうに思った。これらも、ある時間になると半額になるのは同じ。いろいろ試してみようと、駅ビルに足が向く頻度が高くなった。

 

 Webで検索すると「とと丸」という小田原の店がHITした。しかし商品のラベルを見ると、製造元は三島の「村の駅」事業所だとある。その後、熱海銀座で人気の「おさかな食堂」と6月に平和通りにできたその丼専門店「おさかな丼屋」と同じ系列だとわかった。

 

    f:id:nicky-akira:20200606083305j:plain

 

 このお寿司はとても豪華、マグロは2種類(赤身・中とろ)、ウニの軍艦巻き、ホタテに(尾頭付きの)エビ、タイとおぼしき白身にはイクラがまぶしてある。さらにアナゴは小ぶりだが1匹なりである。大きさだけでなく、鮮度も素晴らしい。アナゴには専用の煮切り醤油まで付いてきた。

 

 いや、とても美味しいテイクアウトメニューでしたね。これからもお世話になりますよ。一度「丼屋」さんのもテイクアウトしてみましょうかね。