Cyber NINJA、只今参上

デジタル社会の世相をNINJAの視点で紐解きます。

KALDIの「おみくじワイン」

 少し涼しくなってきて、「シャブリの季節」も先が見えてきた。そうなるとちょっと赤い方も試してみようか、少なくとも仕入れておこうかと思うのは僕ら夫婦の自然な意識。そこで今日は、自宅から一番近い「KALDI」のある小田原駅前地下街「ハルネ」にやってきた。このチェーンは以前「食料品の供給源」として紹介しているが、質のいい輸入食材が見つけられるので重宝している。

 

https://nicky-akira.hatenablog.com/entry/2019/08/08/070000

 

 今日もキアンティのいいものがあって2本買い物かごに入れた時、見慣れないポスターに気づいた。「一級畑のシャンパーニュがあたる」とあって、1本1,296円でこのポスターにあるワインのどれか(!)が買えるという。

 

        f:id:nicky-akira:20190824083114j:plain

 

 左上にあるプルミエクリュのシャンパンは7,500円相当というから、とてもお得。もちろん誰もがこのシャンパンを1,296円で買えるわけではない。ポスターの下には濃紺のボックスが積み重ねられていて、中味は分からないようになっている。このボックスの中のひとつが、このシャンパンというわけ。

 

 この「おみくじシステム」で、運を試してみようと1本買ってみることにした。上段の3種類は各1本づつしかないが、他のものは最大8本がこの濃紺ボックスの山に収められている。下の方から1箱取り出して他の買い物と一緒にレジに運んだ。どれが当たっているか楽しみな帰路になった。

 

        f:id:nicky-akira:20190824084058j:plain

 

 帰宅して濃紺ボックスを開けてみると、出てきたのはイタリア・ラツィオ州の白ワイン「SOENTE」だった。ローマ市の地ワインのようなもので、今年行ったローマ旅行を思い出させてくれそうだ。通常価格1,750円とあるから、かなりお得であるし。このチェーン店、主要な駅ならどこでも近くにある上に、このような遊びごごろが豊かなのがうれしい。さて、「SOENTE」に合う食材も探さないといけないですね。あれ、お店の手に乗ってしまったかも・・・。