Cyber NINJA、只今参上

デジタル社会の世相をNINJAの視点で紐解きます。

歴史としての東海道線(後編)

 宮脇俊三「時刻表昭和史」の本編は13章から成っているが、国府津から沼津までの現在の東海道線は、ほぼ半分の6章に登場する。最初は昭和9年の「特急、燕・富士・櫻」の章である。当時宮脇少年は9歳、ずいぶん早熟な子供だったようで、6歳から時刻表に親しみ昭和9年末の丹奈トンネル開通でのダイヤ大改正に興味を示している。

 
 このトンネル開通前の時刻表が、本書に掲載されている。東海道線は東京方面からやってきて国府津まで来る。そこから先の名称は「熱海線」となっていて、熱海で行き止まりだ。実は国府津から今は御殿場線と呼ばれている線路が、当時の東海道線なのだ。熱海から三島・沼津へ東海道線が伸びるには、丹奈トンネルが必要だった。
 
 トンネルのほかに昭和9年までの東海道線には、電化区間国府津までだったという課題があった。御殿場線の電化は相当後のことになる。東京を出た上記の特急は、国府津までは電気機関車にけん引されてくるのだが、国府津蒸気機関車への付け替えが行われるのである。
 
 御殿場線は一度乗ったことがあるが、結構勾配のきつい路線だ。当時の特急列車の中には、2両の蒸気機関車を必要としたものもあったらしい。遠回りだし勾配もあり、国府津から沼津まで途中駅に止まらない特急列車でも、1時間あまりを要したことが本書にある時刻表から読み取れる。

    f:id:nicky-akira:20190419053833p:plain

 
 僕はよく国府津の駅を通る列車に乗ることがあるし、昔は用事があって降りることもあった。田舎の駅なのに/田舎の駅だからか、やけに大きな駅だなと言う印象を持っていた。確かに御殿場線というローカル線の乗換駅だし、湘南新宿ラインの列車が走るようになって複数のプラットフォームが必要ではあるが、それにしてもあまりにも大きいと思っていた。その割に、乗降客があまりに少ない。
 
 その謎が、本書で解けた。電気機関車蒸気機関車の付け替え用スペースや、それらを運用するための設備、多くの作業員が使うオフィスなども付近にあったはず。今はそれらのオペレーションが全く要らなくなり、ガランとしたスペースだけが残ったようだ。うーん、これが歴史ですね。