Cyber NINJA、只今参上

デジタル社会の世相をNINJAの視点で紐解きます。

エリザベス女王陛下誕生祝賀会(後編)

 乾杯が終わると、肩が触れ合うほどに込み合っていた会場に隙間ができた。庭にはお酒を提供するスタンドがあるだけだが、公邸内には食べ物も用意されているから邸内に戻った人が多かったからだろう。僕はしばらく庭にいて、黒ビールのグラスがカラになったので邸内に入った。

        f:id:nicky-akira:20190426061604j:plain

 カナッペをもうひとつとったところで、懐かしい人にあった。業界団体の勉強会で一緒した商社の幹部で、その勉強会に最近あまり出られていないことから話ができたのは久しぶり。そこに大使館に付き合いのある大使館の人も来て、しばらく話し込んでいた。勧められtのは「堂島」という日本酒。

 

 一瞬大阪の酒かと思ったのだが、まぎれもなく「Made in U.K.」の日本酒だという。グラスに取ってみると、ほぼ無色透明。香りはそこそこだが、味は極めて淡泊。「上善如水」のような感じだ。驚いたのは味ではなく、そのお値段。大使館の人によると1本10万円を超えるという。ハワイで見た「獺祭」より高い。酔いのせいではなく、気が遠くなった。

 

 霞ヶ関の人たちもやってきて、知った顔が増えた。情報交換できるのはいいのだが、おかげで食べ物にたどりつけない。でも飲むものは飲もうと、次に選んだのは・・・やっぱりスコッチでしょう。ジョニーウォーカーのバッジをつけたお兄さんのところに行ってオンザロックを作ってもらった。

        f:id:nicky-akira:20190426062906j:plain

 若い頃のあこがれだったジョニーウォーカー、社会人になっても一番安い赤ラベルを時々買うのが精いっぱい。たまに黒ラベルが手に入ると大事に飲んだ記憶がある。それがここにあるのは・・・青ラベル。お兄さんは「いいところだけ集めた極上品です」という。香りは確かに極上、うれしくなってロックグラスをもって会場を廻った。

 

 また何人かと話をして、グラスが空いたのでお代わりをもらった。そして・・・結局青ラベルを3杯飲んだ。気分は極上。これ以上飲むと帰路が危ないので、引き上げることにした。おみやげ(薄いチョコレート)も貰い、外に出た。ライトアップされたジャガーが見送ってくれましたよ。