Cyber NINJA、只今参上

デジタル社会の世相をNINJAの視点で紐解きます。

ヘルシー天丼(かき天)

 今日は昼近くの午前・午後と会議などが詰まった日。午前の予定が品川で終わり、次は霞ヶ関だ。途中で昼食をとらないといけないが、どこがいいかなと考えながら山手線に乗った。新橋駅で降りて歩くことにして、烏森神社の前を通っていくと見慣れない店があった。

          f:id:nicky-akira:20190415190858j:plain

 このあたりいろいろ庶民的な店があって迷うほどだが、結構入れ替わりも激しいと思う。まだ新建材が匂うくらいにピカピカのお店、ここは以前は「富士そば」の店だったような記憶がある。同じ蕎麦屋なのだが、新しい店には興味がある。入ってみることにした。店外の食券自販機でSuicaを使おうとしたら、4月末までは現金のみだと張り紙があった。ネットワークの設定が遅れているのだろう。そのくらい最近開いた店舗ということも言える。

 

 売り物は「かき揚げ」らしいと推測はできたが、かき揚げそばはありきたりだ。ここは「天丼」(390円)でこの店の実力を試してみよう。店内は2人テーブルが4つばかり、湾曲したカウンターに10余席といった広さ。ちょうどお昼時なのに、新しい店のせいか込み合ってはいない。受け渡しカウンターに食券を出して、天丼が出てくるのを待った。

    f:id:nicky-akira:20190415192209j:plain

 待つこと3~4分、意外とかかるなと思っていたころ食券番号を呼んでもらえた。お盆も丼もレンゲも真新しくて、新しい店はいいなと思う。丼は大きめだが、ご飯は多くないし天丼のタレもかすかにかかっているくらい。1本の海老以外の天ぷらは野菜ばかり、とってもヘルシーな天丼である。

 

 まず大葉、大きめのカボチャのスライス、サツマイモとジャガイモのスティックが2本づつ、そしてタマネギが中心のかき揚げが入っていた。いずれも揚げたてで、熱いくらい。当然香りもいい。メニューは天丼と蕎麦が中心の店だが、上天丼や大盛り、蕎麦と丼のセットなどたっぷり目のメニューを頼んでいる人が多い。

 

 街中の蕎麦チェーンの天ぷらとは、1~2ランク上の天ぷらである。「てんや」に匹敵するかもしれない。今度機会があったら、蕎麦も試してみましょうかね。