Cyber NINJA、只今参上

デジタル社会の世相をNINJAの視点で紐解きます。

日本を歩く

国道58号線の拡幅工事(後編)

別の日、やはり定番の行先のひとつ「A-Price」に行った。ここはプロ向けの食材店で、5リットル入りのサントリー角など面白いものが手に入る。やはり国道58号線沿いの浦添市の南寄りにあって、最寄りのバス停は「勢理客(じっちゃく)」。この店は国道の東側…

国道58号線の拡幅工事(前編)

宜野湾滞在となれば定番の行先はいくつかあって、それらは優先的にスケジューリングされる。例えば現地のDYIショップ「メイクマン」、コンドミニアム近くには浦添と北谷の2箇所に店舗がある。今日は浦添の方にやってきた。国道58号線沿いに立っていて、最寄…

プロ野球のキャンプも寂しく

このところのコロナ禍で、中国からの渡航客がめっきり減ったのはここ沖縄も同じ。いや沖縄は中国人に対してビザ免除の特典がある地域なので、一番影響を受けている観光地なのかもしれない。「ムーンオーシャン」でも僕らが予約を3年ぶりに取れたくらいなの…

「ムーンオーシャン」のおもてなし

いつもそうなのだが、僕らがこのコンドミニアムホテルで選ぶのは、ガーデンビュー(2階)の1LDKタイプを6泊というメニュー。6泊以上だと「レジデンシャル・ステイ」と言っていくつかのおもてなしサービスがついてくる。例えば、 ・2階にあるラウンジ(10…

3年ぶりのムーンオーシャン

沖縄の定宿「ムーンオーシャン宜野湾」には、以前紹介したように避寒旅行に良く行っていた。12階建ての巨大なコンドミニアムホテルで、キッチンにビューバス完備と1週間ほどの滞在には絶好の施設だった。 外国人の利用客も多く、クリスマスシーズンには米軍…

グランフロント大阪(後編)

今年はオリンピックイヤーだし、このタイミングに合わせたわけではないのだろうが、三菱電機・日本電気へのサイバー攻撃が2週続けて新聞紙上を賑わせた時でもある。「Security Days 2020」のかなりのセッションが、満席札止めになっている。 このイベントは…

グランフロント大阪(前編)

大阪駅が改修されたのはいつになるだろうか?20年前はあか抜けない(失礼!)駅で、周辺の阪急・阪神デパートの方がずっと立派だった記憶がある。それが5年前には今のような、明るく近代的な駅になっていた。それでも北側のひろいエリアは工事中、なににな…

北新地「雅しゅとうとう」

大阪に縁が出来て、今月も大阪にやってきた。関連会社も含めて見知ったオフィスは堂島から北新地あたりに多いので、今回もランチは社内打ち合わせの後お世話になることになった。連れて行ってもらったのは、北新地の和食のお店「雅しゅとうとう」。 肉や魚は…

漁師さんたちの休日

滞在中の日曜日、今日もよく晴れた。熱海の天気予報を見ていると、ずっと雨模様が続いている。ここ函館では、まれににわか雨こそあるが、良い天気が続いている。放射冷却の故、明け方は気温が氷点下になることもあるのだが。 この日の朝ご飯は、朝市近くにあ…

北新地を食べる

今回の大阪出張、けっこう慌ただしいものだったが、現地の人たちとランチだけはゆっくり食べることができた。新しい京阪電車の路線も通り、ずいぶん便利になった印象である。中之島周辺は再開発がかなり進み、大きなビルが陸続と連なっている。その多くはオ…

大阪よ、大阪よ(後編)

午前中の堂島での会合はANAクラウンプラザホテルの側のビル、一流ホテルをしのぐ大きさ美しさだった。京阪の新線ができていたこと、車両もきれいになっていたことも併せて、大阪も変わったなと感じていた。さて、午後の会合の場所に向けて天満橋駅から大…

大阪よ、大阪よ(前編)

足掛け3年ぶりだろうか、大阪に用事が出来た。古い友人に本場の「コテコテ串揚げ」をごちそうになって以来である。汐留、丸の内や八重洲の変貌は少しづつしか分からないが、久し振りだとその変化に驚くことがある。今回の日帰り出張はそんな旅になった。 個…

松風町の塩ラーメン「鳳蘭」

コンドミニアム「ステラサイト」の滞在は快適そのもの、今回は最上階の1室が予約できていて少し広めの部屋でゆっくり暮らした。到着した日にロビーで無料配布している「るるぶ」を手に入れ、紹介しているお店を見てみた。一度は食べたい「塩ラーメン」は有…

自由市場のお刺身

JR駅前の区画であり今回滞在のコンドミニアムからも数分でいける若松町で、MaxValue北海道の大きな店舗が9月に開業していた。熱海で当家の主要な食料供給原はMaxValue東海だから、同じICカードが使えるなど利便性が高い。さらに北海道特有の食材もあって…

ガスバリ求め東奔西走

函館にやってくると、この街限定の日本酒「ガスバリ」が飲みたい。この地方で幻となったお米「マツマエ」を原料とした純米酒である。2016年くらいにキャンペーンがあったようで、その次の年にここを訪れて飲んでから気に入っているのだ。 https://nicky-akir…

ラム肉のしゃぶしゃぶ

いつも避暑目的の函館滞在、だから日程はいつも8月である。今回は11月といういつもと違う時に来たので、何か違ったことがしたいと出発前から思っていた。コンドミニアムへは、卓上IHヒーターや鍋類を頼んでおいた。多分0度近くに冷え込むだろうから鍋物も…

湯倉神社のご利益(後編)

木槌の健康増進と開運効果、おさい銭はあれで十分だったかと迷いながら、次のパワースポットを振り向いた。湯倉神社のご祭神は大己貴命、俗にいう「大国主命」である。因幡の白兎伝説にちなんでか、ここにはウサギの石像がある。この石像は、「神兎」と書い…

湯倉神社のご利益(前編)

今回の滞在でも、函館市電はよく利用した。JR函館駅前から五稜郭の入り口を経て、東の函館空港方面に向かうと、普通の市街地が線路の両側に続いている。開発が遅かったのかもしれないが、JR駅前の松風町・若松町近辺の空き地だらけで再開発の緒に就いた風情…

どんぶり横丁市場「いくら亭」

函館朝市は、もともとは第二次世界大戦後の「闇市」だったのだろう。青函連絡船も通うようになり旅行者含めて人の往来が増えるに従って、市場は拡大していった。今でも堀川電停そばには、「闇市」の雰囲気を残す「中島廉売」という市場も残っている。 朝市の…

気温0度の函館へ

夏の函館避暑旅行、新しく見つけたコンドミニアム「ステラサイト」がすごく気に入ったので、何とかもう一度近いうちにとチャンスを狙っていた。うまい具合に11月の終わりに1週間休暇が取れることになり、いそいそと羽田空港にやってきた。 https://nicky-ak…

那覇を食べる

実質28時間ばかりの沖縄滞在、居酒屋「抱瓶」は風情あるお店だったが、その他の食事も特色あるものを選んだ。宿泊したのは、ゆいレール県庁前駅に近い「ダイワロイネットホテル那覇」。シンプルなビジネスホテルで、ツインルームにアップグレードしてくれた…

居酒屋抱瓶(だちびん)

那覇でホテルにチェックインし当日予定の訪問先を訪ねたあとは、地元の人に予約してもらった居酒屋へ。ゆいレールの県庁前駅のあたりから、川沿いにほぼ一駅歩いた。もうじき美栄橋駅というところで、交差点の角に立つ一軒屋が居酒屋だとののこと。那覇市の…

2年半ぶりの沖縄

首都圏では最高気温20度前後と過ごしやすくなってきたのだが、沖縄はまだ28度ちかいという。仕事で1泊2日の行程で沖縄に行くことになり、服装はどうしようか迷った。沖縄科学技術大学院大学というところに行くのだが、大学とはいえ初めてお会いする人たち…

広島に地下鉄がない理由

この街は、10年ほど前は結構通ったところである。この地域の有力企業と、協力関係にあったからだ。東京から行くには、新幹線はまだるっこすぎる。飛行機はというと、飛行場が遠い恨みがある。それでも結局のところ、飛行機利用が多かった。 空港シャトルバス…

パセーラの中華「丸八」

先月の広島出張は、朝早く家を出るなど時間的にはかなり無茶なものだった。昼食時間も、不規則になってしまった。聞きたいセッションばかりではないので、合間を縫ってランチに出たのだが「お好み焼」や「かき料理」など、お酒が欲しくなるものばかり。ホテ…

尾張一の神社(後編)

この街も、いわゆるドーナツ化現象が起きている。鉄道駅前の目抜き通りだったところは寂れていて、大型店舗は郊外にあるのだろう。この街は、名神高速道路はじめ多くの主要道路が郊外を走り抜けている。1時間あたり6本ほどの列車が走るJR東海道線と、当…

尾張一の神社(前編)

ヤボ用ができて、久し振りに名古屋駅に降り立った。昨年春に大垣のソフトピアを訪ねて以来である。その時は名古屋で降りて現地事務所と打ち合わせをしたのだが、今日はここからもうひと駅行くことになる。そのひと駅というのが、割合遠い。 JR東海の東海道…

広島の美味しいもの

「2019国際平和のための世界経済人会議」の1日目は、その後防災関係のセッションがあって、平和活動に尽力する若い人たちをアワードするセッションで終了した。あとはレセプションパーティだけである。 湯崎知事の挨拶に続いて、ICAN創設者ラフ氏の音頭で乾…

品川駅の混雑(ワールドカップ人気)

先日のワシントンDCからの帰路、成田からのNEXは満員だった。有人指定券売り場はもちろん自動機にも長い列ができていて、正直うんざりしたものだ。僕はB席だったが通路を挟んだCD席には、空港第二ターミナルから30歳代に見える白人女性の2人組が乗り込んで…

北のカレー、南のカレー

昨日大分の麦焼酎「由布岳」をいただいたことを紹介したが、そのほかにもいくつかお土産をいただいている。そのうちの一つが、お客さんの母校という高校の名物だというレトルトのカレー。九州のゆえ、枕崎のカツオを出汁に使っているとパッケージにある。こ…